文字サイズ

シヨウゼンイン

正善院

日蓮宗 身延山
夫婦池 能勢 妙見宮

お電話はこちら

06-6353-1651

大阪市北区にある日蓮宗正善院は、日蓮大聖人御降誕の地、千葉県小湊、大本山 誕生寺 直末寺で、大阪 能勢領主第三十四代能勢頼萬公の紹願により能勢妙見大菩薩を拝戴しお祭りしています。
能勢のお殿様が居られたお寺で、明治以降一般の方々も参詣する事となり、「女夫池(めおといけ)の妙見さん」と親しまれてます。

お知らせ

年回忌法要、永代納骨供養、厄除け開運ご祈祷、水子供養等、仏事のご相談を宗派を問わずに、おたずね下さい。

  • 浪花百景 「北妙けん堤」(国員画)浪花百景 「北妙けん堤」(国員画)
  • 妙見信仰の勝海舟妙見信仰の勝海舟
  • 森琴石 大阪名所独案内 夫婦池 妙見宮森琴石 大阪名所独案内 夫婦池 妙見宮

詳細情報

 近年より近日に至るまで、天変地夭飢饉疫癘(てんぺんちよう ききんえきれい) (あまね)く天下に満ち、広く地上に迸(はびこ)

 上のお言葉は『立正安国論』の冒頭であり、鎌倉時代の様子が表されています。
 今、私達は、コロナウイルス感染症に脅かされ、何時になればおさまるのか、新聞・テレビ等で情報をとりながら、政府の非常事態宣言による行動の指針に従って生活しています。
 このような環境の中で不安や恐怖が人々の心の中に忍び寄り、感染者をはじめ、医療従事者の方々や運送関係者に対する差別や利己的な行動といった不和をひきおこしています。
 日蓮聖人は、当時の民衆の苦しみや悲しみを理解し、他者を救わんと『立正安国論』をもって幕府へ意見書を出されました。
 私たちが日蓮聖人のように生きるということは難しいと思います。
 しかし、その教えを乞う我々一人ひとりが、自分だけでなく相手を思いやり、周囲の人々の苦しみを想像し、共感する。
 そのことで、皆が生きやすい社会になり、結果としてそれぞれの「いのち」を全うし、納得した社会を迎えることができるようになるのではないでしょうか。
 このことは各々が努力精進する事で可能ですし、目指すべき世界のように思われます。
 先
(ま)ず四表(東西南北)の静謐(世の中が穏やかに治まっていること)を祈るべきものか
 同じく『立正安国論』の中で〈世が乱れている時は先ず、周囲の平穏、世界の平和〉を祈ることが必要ではないかと説かれています。
 逆境にある今こそ、お互いを敬い、冷静な行動をとることにより、再び平穏な日常を迎えることが出来るのではないでしょうか。

二次元バーコード

正善院2次元バーコード