遺言書は「公正証書遺言」がおすすめ
専門家が作成するので無効になるリスクはほぼゼロに
今すぐメールで問い合わせる→

司法書士が解説する「公正証書遺言」
内容に不備のない、法的効力のある遺言書作成は思ったよりも難しいもの。
公証人が作成する公正証書遺言なら、そうした心配がなくおすすめです。

対応エリア:福岡県

詳しくは、こちらからお問い合わせください。 今すぐメールで問い合わせる→

Q&A

読了時間の目安:4分

そもそも遺言書はなぜ必要?

遺言書を作成する一番の目的は、相続トラブルの防止です。もちろん遺言書があれば100%もめないというわけではありませんが、遺言書さえあれば防げたのに、というケースは少なくありません。

遺言書には「付言事項」として、ご自身の想いを書いておくこともできます。たとえば、「家庭のことを任せっきりだった奥さんの労に報いるため、不動産はすべて譲ることにした。母さんをよろしく頼む。」といったようなことです。そうした心情を添えておくことで、他の相続人が納得してくれることも十分に考えられます。

とくに、ご商売をされていて家業を子に継がせる場合や、相続人の中に行方不明者がいる場合、内縁関係の相手がいる場合など、遺言書がなければ財産を残せなかったり、スムーズな遺産分割ができなかったりするケースでは、遺言書が必須です。

遺言書にどんなことを書いたらよいのかわからない、そんなときはまず司法書士など専門家にご相談を今すぐメールで問い合わせる→

法的に効力のある遺言書の種類は?

遺言書は大きく分けると、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があります。

自筆証書遺言は、名前のとおり「自分で書く」もの。ただし、法的な効力を持たせるためには、記載しなければならない一定の事項が定められており、それを満たしていなかったり、内容に不備があったりすると無効です。また、自筆証書遺言はその存在を誰も知らない可能性があるため、見つけた人が処分してしまうこともないとはいえません。さらに、本人の書いたものかどうか疑わしかったり、判断能力のない状態で誘導により書かされたものではないかといった疑惑を招いたりするケースがよくあります。

公正証書遺言は公証役場で作成します。自書ではなく、本人の希望をもとに公証人が作成し、ご本人が署名、押印するものですので、内容の不備はありません。公証人という特別公務員が、本人の意思を確認して文書にするため、偽造や捏造、改ざんなどのリスクは避けられます。遺言書の原本は半永久的に公証役場で保管されるため、紛失のおそれもありません。

なお、できれば遺言を作ったことをどなたかに知らせて、何かあったら公証役場に問い合わせるよう伝えておくのがおすすめです。もし遺言書の存在を誰も聞いておらず、探しても見つからないという場合は、公正証書遺言を作成している可能性もありますので、一度公証役場へ問い合わせて見るとよいでしょう。

自筆証書遺言と公正証書遺言、メリットとデメリットを知ったうえで、どちらを選択するかは専門家に相談してみてもよいでしょう今すぐメールで問い合わせる→

公正証書遺言作成の流れは?

司法書士にご依頼いただいた場合の公正証書遺言作成のおおまかな流れは、次のようなものです。

【1】必要書類の準備

遺言を作成される方の印鑑証明や、相続人を確認するための住民票、財産を把握するための預金通帳や不動産の登記事項証明書などをご用意いただきます。

【2】財産の把握、遺言内容のヒアリング、文案作成

まずは財産の全体像を把握し、その財産をどなたにどのように分けたいのかをヒアリングします。そのうえで、どんなことを遺言書に盛り込んでいくのか、付言事項には何を書いておきたいか、といったことなどを伺い、遺言書の文案を作成します。

【3】司法書士と公証人の打ち合わせ

文案をもとに、公証人と公正証書遺言の内容について打ち合わせを行い、公証人が作成する最終的な遺言書の文面を固めていきます。

【4】遺言書の内容確認、本人の署名・押印

ご本人と証人2名の計3名で公証役場へ出向き、本人確認や遺言書の内容確認を行い、問題がなければご本人が署名・押印し、遺言書が完成します。なお、外出が困難、入院中、といった場合には、公証人に自宅や病院などへ来てもらい、作成することも可能です。

公正証書遺言は、ご自身で公証人に依頼することも可能です。ただ、公証役場に何度も足を運ぶ必要があるなど、手間がかかりますので司法書士に任せてしまってもよいでしょう。もちろん、専門家の立場から内容に関するアドバイスをすることも可能です。いずれにせよ、遺言書は健康なうちに、できるだけ早めに作っておくことをおすすめします。

意外に手間と時間がかかる公正証書遺言作成。専門家なら、そうした手間を最小限に、法的効力のある遺言書を作成できます今すぐメールで問い合わせる→

執筆者:松本 宗幸

執筆者顔写真
在籍事務所 松本綜合司法書士事務所
事務所所在地 〒819-0002 福岡県福岡市西区姪の浜4丁目14-24-2F
対応資格 司法書士※事務所在籍者の保有資格

→ その他の相続に強い専門家を探す