文字サイズ

ノジガンカクリニック

野地眼科クリニック

JR恵比寿駅東口より徒歩3分 

お電話はこちら

03-3449-4113

当クリニックは平成30年に開院21周年を迎えました。今後も地域医療に貢献すべく微力を尽くして行きたいと思っています。赤ちゃんからご年配の方まで、目に関することは何でもご相談下さい。

お知らせ

現在日本における失明原因の第1位は緑内障、2位は糖尿病網膜症となっています。どちらも早期に発見し適切な治療を行うことで進行を食い止めることが可能ですが、初期のうちはどちらも自覚症状がないので注意が必要です。白内障や最近増加傾向にある加齢黄斑変性などのチェックのためにも目の健診をお勧めします。

  • JR恵比寿駅東口より徒歩3分JR恵比寿駅東口より徒歩3分

詳細情報

【医療法人社団潤心会】 野地眼科クリニック
渋谷区恵比寿1─22─23 ヴェラハイツ恵比寿101
TEL&FAX 03─3449─4113
■院長 野地 潤

■院長略歴
福島県出身、昭和52年慈恵医大卒業、昭和59年ミシガン大学留学、昭和62年医学博士、昭和63年慈恵医大眼科講師、平成2年眼科専門医、平成9年野地眼科クリニック院長
平成19年医療法人社団潤心会 野地眼科クリニック理事長・院長

■診療方針
○当クリニックはビルの1階にあり、院内はバリアフリーになっていますので車イスの対応も可能です。
○メガネ・コンタクトレンズ相談、ドライアイ、眼精疲労、その他眼科一般診療の他、近隣の内科クリニックと
 連携して糖尿病患者さんの目の健康管理(眼底の定期検診、レーザー治療など)にも力を入れています。
 また緑内障の診断・治療および視野検査による定期検診も行なっています。
○患者さんには画像モニターや眼球模型を使用して、なるべく分かりやすい説明を心がけています。
○メガネやコンタクトレンズの度が強過ぎると、パソコン作業での肩こり・目の奥の痛み・頭痛の原因となります。
 使っているメガネ・コンタクトの度数が適正かどうか、お気軽にご相談下さい。
○当クリニックでは、糖尿病網膜症や網膜裂孔に対する網膜光凝固、緑内障に対するレーザー手術を行なって
 います。
○当クリニックで対応できない手術に関しては、患者さんのご希望をうかがった上でその分野の専門の施設・ドクターに
 ご紹介させて頂いております。
  • 待合室待合室

二次元バーコード

野地眼科クリニック2次元バーコード