遺産相続トラブルを防ぐには
「感情面」のケアが大切なポイント
相続に強い専門家を探す→

司法書士による相続アドバイス
「遺言書もあるし、相続税対策も万全。
これならトラブルになるわけない!」
そんなふうに思っていませんか?
トラブルを避けるために忘れがちなポイントを、専門家がお教えします。

詳しくは、こちらからお問い合わせください。 相続に強い専門家を探す→

Q&A

読了時間の目安:4分

遺産相続でトラブルになりやすいケースとは?

「うちには大した遺産なんてないから、もめようがないよ」とおっしゃる方は少なくありませんが、じつはこうした考え方には注意が必要です。数十万円、百数十万円でも、争うときは争います。むしろ総資産額400万円くらいのときに、一番トラブルが起きやすいとも言われるほど。財産が少ないからもめない、ということはありません。

また、相続財産は家と土地くらいしかない、と思っていても、複数の預金口座からかき集めた現金や、タンスに眠っている株券などを合計するとけっこうな金額になることもあります。遺言書などできちんと財産分与について決めておかなければ、トラブルになるであろうことは想像に難くありません。

また、父親が先に亡くなったとき母親に相続し、次に母親が亡くなった際のいわゆる「二次相続」も注意が必要です。一次相続ではトラブルなく相続できても、二次相続でもめるケースは少なくありません。たとえ兄弟姉妹は仲がよくても、その配偶者などが横から口を挟むことで、話がまとまらなくなるということもあります。

こうしたトラブルを防ぐには、一次相続した母親がしっかり遺言書を作成したり、遺言書よりも柔軟な「信託」の制度を使ったりして、二次相続時のトラブルを防止するようにしておく必要があるでしょう。

財産が少なくても油断は禁物。また、専門家に相談しながら二次相続のことまで考えた準備をしておきましょう。相続に強い専門家を探す→

遺言書があればトラブルにならない?

「エンディングノート」の知名度が高くなり、ご自身の意思を家族などにきちんと残しておきたいと考える方も増えてきました。葬儀の希望や家族への感謝の気持ちなど、何でも自由な形式で書いておけるのがエンディングノートですが、法的効力はありません。財産分与についてなど、遺産相続のトラブルを避けたい内容については、やはり法的な効力のある遺言書などの作成が必要になってきます。

ただ、遺言書は厳格な形式に則って作成する必要があります。このことを知らずに、エンディングノートの感覚で遺言書を書いてしまうと、トラブルの元になりかねません。

たとえば、法律上、法定相続人のうち配偶者や子などには「遺留分」という最低限の取り分が決められています。仮に遺言書で「財産を○○にすべて相続する」などと書いてあったとしても、法律で認められた権利として、遺留分の請求が可能です。しかし、法律で認められているからといって、お互いに気持ちよく遺産を分け合えるかというと、なかなかそうはいきません。その後の人間関係がぎくしゃくしてしまうのは、避けられないでしょう。

せっかく遺言を残したのに、それがトラブルの原因になってしまっては、元も子もありません。素人判断をせずに、専門家に相談したうえでの作成をおすすめします。

専門家のアドバイスを受けながら、法的に効力のある遺言書を作っておきましょう。相続に強い専門家を探す→

遺産相続のトラブルを防ぐポイントとは?

遺言書の作成などは、遺産相続のトラブルを防ぐ方法として有効かつ大切なことではあります。しかし、相続は人間がするもの。実際には、書類だけで遺族の感情的な部分までをコントロールすることはできません。

遺留分にもきちんと対応した遺言書を作り、相続税対策も万全にするなど、法的に一切隙のない準備をしておくことは可能です。ところが、そうした完璧な対策をやればやるほど、それを疎ましく思う人が出てこないとも限らないのです。

とくに、故人の遺言があるとは知らず、遺言書を開けてみたらその内容に愕然とした、そんなケースはもっともトラブルの火種になる可能性があります。そうならないためには、遺言の内容についてご家族で話し合ったり、自分自身の想いを伝えたり、といった、日頃のコミュニケーションも重要です。

遺言書には、法的な効力を持たせるために必ず書かなければならない「法的記載事項」のほかに、「付言事項」を記載することができます。付言事項には、家族への感謝の思いや、なぜこの遺言を残したのか、なぜそうした財産配分にしたのか、といったことを書いておくのです。付言事項の内容に法的効力はありませんが、そうしたメッセージがあるのとないのとでは、ご家族の気持ちもだいぶ違ってくるのではないでしょうか。

財産の分配だけが相続ではありません。専門家に相談しながら、家族を争いに巻き込むことのないよう、感情面にまで十分配慮した準備をしておきましょう。

専門知識と経験豊富な専門家なら、遺産相続のトラブルを避けるためのポイントをアドバイスできます。相続に強い専門家を探す→