相続の順位は「故人に近しい人」から
法定相続人とその相続分とは?
相続に強い専門家を探す→

弁護士による相続アドバイス
相続できる人は故人に近しい人から順に「法定相続人」としての権利があり、分割の割合も決められています。

詳しくは、こちらからお問い合わせください。 相続に強い専門家を探す→

Q&A

読了時間の目安:5分

相続の順位は?

相続を始める際、まず確認するのは遺言書の有無です。法的に有効な遺言書があれば、基本的にはその内容にしたがって遺産を分割することになりますが、ない場合は、民法で規定された法定相続人が法定相続分にしたがって遺産分割を進める、ということになります。具体的には、相続する権利のある人と相続する順位が、亡くなった方に近しい人から決められています。

まず、亡くなった方にもっとも近い配偶者(妻や夫)は、常に法定相続人になります。子どもや親がいる、いないなどに関わらず、配偶者はいつでも相続人です。

配偶者以外の相続人は、「第1順位」「第2順位」「第3順位」のグループに分けられていて、第1順位がいない場合に第2順位が、それもいない場合に第3順位が、というように相続人となります。

◎第1順位=亡くなった方の子

最初に相続人となるのは、亡くなった方のお子さんです。子が先に他界しているなどの場合は、子の子(亡くなった方の孫)、さらにその子(亡くなった方のひ孫)というように相続人がうつっていきます。これを「代襲」といい、理論上は無限に代襲できます。なお、「子」には養子も含まれます。

◎第2順位=亡くなった方の父母

次は、亡くなった方の父母です。父母ともに他界しているなどの場合は、父母の父母(亡くなった方の祖父母)、さらにその父母(亡くなった方の曾祖父母)というように相続人がうつっていきます。なお、「父母」には養父母も含まれます。

◎第3順位=亡くなった方の兄弟姉妹

最後に、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人となります。もし、これらの方が他界しているなどの場合は、その子(亡くなった方の甥、姪)に相続人がうつりますが、それ以上の代襲はなく、相続人となれるのはここまでです。

関係者が多く、相続の順位や相続人の特定が難しい場合は、弁護士などへ早めに問い合わせましょう相続に強い専門家を探す→

相続人の分割割合は?

さて、各法定相続人がどれくらいの遺産をもらえるか、についても組み合わせとその割合が決められています。この決められた分割割合のことを「法定相続分」といいます。

おもな分割割合は次のようなもので、子や父母、兄弟姉妹が複数いる場合には、その人数で均等に分割します(表の例参照)。

souzoku

なお、非嫡出子(婚外子)の相続分を嫡出子(法律上の夫婦の子)の1/2としていた民法の規定について、最高裁は2013年9月に違憲判決を出しました。これにより民法が改正され、平成25年12月からは、非嫡出子も嫡出子と同等の相続分が認められています。

法定相続分で分割すればよいのかどうかはっきりしない場合は、弁護士などに問い合わせてみるのがおすすめです相続に強い専門家を探す→

法定相続人がいないときなどはどうなる?

遺言書もなく、亡くなった方に相続人がいない、またはいるかどうかわからない、といった場合があります。こうした場合は、亡くなった方の利害関係人(相続人ではないが一緒に住んでいた人や、身近で世話をしてきた人など)が家庭裁判所に申し立てて「相続財産管理人」を選任してもらうことになります。

相続財産管理人は、亡くなった方の財産を管理しながら相続人の有無などを調査します。最終的に相続人が見つからず財産が残った場合、基本的にその財産は国に帰属することとなっています。

後日「予期せぬ相続人が出てきてしまった!」となってしまう可能性は排除しておきましょう相続に強い専門家を探す→