法定相続人には誰がなれる?
特定するには戸籍を調べる必要があることも……
相続に強い専門家を探す→

弁護士による相続アドバイス
法定相続人の特定を怠ると、遺産分割をやりなおさなければならないケースも考えられます。相続人が誰なのかよくわからないときは、弁護士などに問い合わせましょう。

詳しくは、こちらからお問い合わせください。 相続に強い専門家を探す→

Q&A

読了時間の目安:5分

法定相続人とは?

法定相続人とは、亡くなった方(被相続人)の財産を相続する権利がある人のことをいいます。この権利は民法で定められており、具体的には以下の人が法定相続人になります。

1)亡くなった方の子(直系卑属・ちょっけいひぞく)
子がすでに他界している場合は、代襲相続(だいしゅうそうぞく)となり、亡くなった方の孫、ひ孫、というように権利がうつります。「子」(胎児を含む)とは、養子縁組をした子など法律上の子どもであればよく、血縁関係の有無は関係ありません。反対に、血のつながりがあっても、認知されていなければ相続人にはなれません。

2)亡くなった方の父母(直系尊属・ちょっけいそんぞく)
父母がどちらもいない場合は亡くなった方の祖父母にうつります。養父母も同等の権利があります。

3)亡くなった方の兄弟姉妹(傍系血族・ぼうけいけつぞく)
兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子(亡くなった方の甥・姪)にうつります。

上記(1)に該当者がいない場合は(2)の人に、(2)に該当者がいない場合は(3)の人に、というように相続の権利がうつっていく仕組みになっています。

亡くなった方の配偶者は常に相続人となります。「配偶者」とは婚姻届を出している夫婦のことで、事実婚の場合などは基本的に相続人にはなれません。

なお、法定相続人に該当しても、借金が多い場合など相続をしないことはできます(相続放棄)。

法定相続人がはっきりわからないときは、早めに弁護士などへ問い合わせましょう相続に強い専門家を探す→

法定相続人の特定方法は?

法定相続人が誰かを特定する必要がある場合には、亡くなった方の「生まれてから亡くなるまで」の戸籍を調べます。

戸籍というのは通常、1つではありません。生まれたときは親の戸籍に入りますが、結婚すれば自分の戸籍を作ります。離婚をして籍を抜いたり(除籍)、本籍地を移したり(転籍)したことがあるかもしれません。また、未婚で親の籍に入ったまま子どもが生まれるということもあるでしょう。

このように戸籍というのは、1つで一生分を示しているわけではなく、それぞれがある期間の状態を示しているというもの。そのため、法定相続人を特定するには、亡くなった方の複数の戸籍を集めて繋ぎ合わせるという作業が必要で、これにより、配偶者や子供の有無、人数、親や兄弟姉妹の有無、生死、などが浮かび上がってくるのです。

亡くなった方の戸籍を揃えるには、手間と時間がかかるものです相続に強い専門家を探す→

法定相続人の特定は必ずしなくてはいけない?

もちろん、すべての相続において、このような特定作業をするわけではありません。相続人がはっきりわかっているケースなど、そもそも戸籍を取り寄せてまで法定相続人の特定作業をする必要がない場合は少なくありませんが、法定相続人を特定することで、相続人はこれですべてです、他の相続人がいる可能性は排除しました、ということを証明できるメリットがあるなど、ケースバイケースです。

もっとも避けたいのは、遺産分割協議も済んだあとで、新たな相続人の存在が発覚するといったケース。こうなると、遺産分割協議は最初からやり直し、手続きも大幅に遅れることになってしまいます。もし、少しでも不安がある場合には、弁護士などに問い合わせるのもひとつの方法でしょう。

法定相続人の特定が必要かどうかわからないときは、問い合わせてみましょう相続に強い専門家を探す→