簡単3ステップで専門家にメール!

1
地域を選ぶ
2
3~5人を選ぶ
3
一括メールする

初回メール相談無料!

相続についてこんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 遺言や生前の相続対策について、誰に相談したらよいのかわからない…
  • 遺言書が無いので財産の分け方をどう決めればよいかわからない…
  • 相続トラブルで親族が揉めてしまった…
  • 親の財産の処理について、具体的に何をしたらよいのかわからない…
  • 身近に、相談できる相続の専門家がいない…

相続は、個人の遺産を適切に引き継ぐための、公的な手続きです。場合によっては、遺産の分割といった相続人の調整や、 登記や納税といった複雑な手続きが必要なことも。そのため、知識や準備が不十分な状態で対応してしまうと、大きなトラブルになることも少なくありません。

そこで、NTTタウンページが運営する「相続相談窓口」は、

・士業専門家の解説記事や事例
・相続のご相談に対応している、地域の専門家を検索する機能

をご用意しました。

生前の相続対策や相続開始時から登記・納税までの一連の流れの中で、 注意すべき点やポイントを段階ごとに整理した解説記事、遺産相続にまつわるトラブルを、その道の専門家が解決した具体的な事例をご紹介しています。

また、相続のお悩みを相談できる専門家を検索することも可能です。地域に根ざした親身な専門家が多数登録されており、初回メールは無料ですので、気軽にご連絡できます。とは言っても専門家に連絡する前に自分の状況を整理したい、相談ポイントを明確にしたい、と思うかたは少なくありません。
その場合は、相続の流れからご自身の状況にあった対策や気をつけるポイントを理解したり、相談前の準備ポイントを参考にしたりして相談すると良いでしょう。また、相続にかかわる用語は専門的で分かりづらいかもしれません。その場合は、相続の用語解説を参考にしてください。

相続流れから選ぶ

相続はご自身の状況によって対策が異なることをご存知でしょうか?
相続は、生前から始まり、相続開始、登記・納税といった流れの中で、それぞれとりうる対策や気をつけるべきポイントが異なります。
ご自身の現在の状況にあわせて、士業専門家の解説記事をご覧ください。

1.生前
相続対策は一日も早くはじめよう
相続トラブルを防いだり、相続税を軽減したりするには、遺言書の作成や生前贈与、非課税制度など生前の相続対策が欠かせません。しっかりポイントを押さえ、一日も早く対策を始めましょう。
詳細はこちら
2.相続開始
突然の相続にもあわてないポイント
突然始まる相続の手続きには、時間のかかる遺産分割や相続方法の選択が3ヶ月以内など期間の短いものが少なくありません。そのときになってあわてないよう、事前に知っておきましょう。
詳細はこちら
3.登記・納税
相続税の期限や登記忘れに注意!
相続登記を忘れたり方法を間違えたりすると、後の世代にトラブルとなることも。また、相続税の申告・納税時期はわずか10ヶ月以内ですが、納税資金対策や節税はまだ間に合います。これらの手続きのコツとは?
詳細はこちら

遺産相続トラブルの解決事例

相続のこんなお悩みありませんか?
専門家が解決した、遺産相続のトラブル事例はこちら。

遺産相続のトラブル解決事例一覧はこちら

相続に対応可能な専門家を探す

全国の相続に強い専門家を探す

よくある相続事例・アドバイス

40年前に実父と再婚した母へ生前贈与された不動産。子は遺留分減殺請求できる?

遺留分減殺請求はよくありますが、40年前の生前贈与となるとレアケース。しかしトラブル回避のポイントは、どの相続にも当てはまります。

仲のよい兄弟がなぜ遺産分割でもめてしまうのか? 疑心暗鬼がもたらす、そのよくあるトラブル事例とは

たとえ仲のよい兄弟でも、いざ相続で遺産分割となるとトラブルになってしまうケースが少なくありません。遺言書の作成や早めに弁護士へ問い合わせることがトラブルを防ぐポイントです。

相続税対策の安易な養子縁組は思わぬトラブルの元に!

相続税対策には養子縁組をするとよい……そんな話を聞いたことはありませんか?しかし、たんなる税金対策としての養子縁組はおすすめできません。

遺言書は「公正証書遺言」がおすすめ専門家が作成するので無効になるリスクはほぼゼロに

内容に不備のない、法的効力のある遺言書作成は思ったよりも難しいもの。公証人が作成する公正証書遺言なら、そうした心配がなくおすすめです。

自筆証書遺言とは?~有効な遺言書にするための要件と注意点~

遺言書の中でも、もっとも手軽に作れるのが自筆証書遺言。しかし、一定の要件を満たしていなければ、法的効力がなくなってしまうことも。注意点などについて、詳しく解説します。

相続問題で将来に禍根を残さないポイント財産を遺す側ともらう側のポイントを知ってトラブル防止を

家族や財産の状況は十人十色で、まったく同じ相続はありません。しかし、相続問題が発生しやすいケースというのはある程度共通しています。そうした事例から、相続問題を防ぐポイントを考えてみましょう。

相続税改正で課税対象者が拡大ポイントをしっかり押さえた、正しい対策を

相続税の改正で新たに課税対象となったら、 気になるのは相続税対策。 目先の節税テクニックに走らず、 全体を見通して最適な対策を心がけましょう。

相続登記は早めの手続きが肝心! 放っておくと不動産の売却がスムーズにいかなくなることも

亡くなった方の不動産を相続したら、 できるだけすみやかに相続登記をしておきましょう。 義務ではないからと放っておくと、あとで面倒なことになります。

相続税対策は生前に!あなたに合った早めの対策が成功のカギ

相続税を節税したいなら、少しでも早めに対策することが大切。亡くなってからでは、できることが限られます。

遺産分割調停は遺言がない場合の『次善の策』

遺産分割調停とは、故人の遺言がなく、話し合いでも遺産分割がうまくいかなかった場合の次なる手段です。

遺言書であなたの意思をしっかりと伝え、遺族のトラブルを未然に防ぎましょう

遺言書についてきちんと理解することで、相続が争続にならないための遺言書作成のポイントを抑えましょう

生前贈与は、相続財産の額に応じて上手に利用するのがポイント

生前贈与を利用した相続税の節税対策相続財産の額に応じて効果的な方法を選ぶのがポイント

相続税を計算するには、「相続人とその人数の把握」と「財産の把握」をしっかりと

相続税を計算するには、まず財産の把握から。かなりの手間と時間を要しますので、信頼できる税理士に任せるのがおすすめです。

遺留分は相続人の権利疑問があるときは早めに法律家へ相談を!

遺言書の内容に納得がいかない……一部の相続人には最低限の遺産を相続できる「遺留分」を主張する権利があります。

相続放棄は、相続財産をすべて引き継がないという選択

借金がプラスの財産を上回っている。財産があっても争族に巻き込まれたくない。このようなときには、財産をすべて引き継がないという選択肢もあります。

相続税増税、税金対策は必要?

相続税改正により、課税対象者が増加、一部増税になるケースも。急いで確認を!

私が解説

PRIK税理士法人
河原 幸司

教育資金の贈与税が非課税に

お孫さんへの教育資金の贈与税が非課税に!習い事費用も非課税です!

私が解説

PRIK税理士法人
河原 幸司

教育資金の贈与が「無税」でできる制度とは?相続税対策に有効な非課税措置、その利用ポイントと注意点

相続税対策の基本となる生前贈与。贈与税の負担を軽減できる制度を上手に使って、効果的な対策を。

贈与税ってどんな税金? 生前贈与で失敗しないための基礎知識

税金対策としても知られる財産の生前贈与。 制度を活用し、少しでも多くの財産を残すために、まずは贈与税の基本を正しく理解しましょう。

相続税の「基礎控除」と「税額控除」違いと内容を正しく理解して適切な申告を!

相続税を算出するスタート地点の「基礎控除」。 算出した相続税を安くできる「税額控除」。 税額控除は、申告しなければ適用できないので、注意が必要です。

遺産相続トラブルを防ぐには「感情面」のケアが大切なポイント

「遺言書もあるし、相続税対策も万全。これならトラブルになるわけない!」そんなふうに思っていませんか?トラブルを避けるために忘れがちなポイントを、専門家がお教えします。

相続の順位は「故人に近しい人」から法定相続人とその相続分とは?

相続できる人は故人に近しい人から順に「法定相続人」としての権利があり、分割の割合も決められています。

法定相続人には誰がなれる?特定するには戸籍を調べる必要があることも……

法定相続人の特定を怠ると、遺産分割をやりなおさなければならないケースも考えられます。相続人が誰なのかよくわからないときは、弁護士などに問い合わせましょう。

遺産相続をめぐる後日の紛争防止には、遺産分割協議書の作成がおすすめ

遺産をめぐり、親族でもめてしまった……遺産分割協議書を作成して、そうしたトラブルを防ぎましょう。

家を買う際に親から援助を受けたら贈与税はかかるの?

暦年を基準とする通常の贈与では、贈与税は、年間110万円を超える財産をもらった時に発生しますが、非課税になるケースも多々あります。そのひとつが、親や祖父母から、子や孫に住宅取得資金の援助があったとき。その内容を、税理士の方に伺いました。

贈与税の申告っていつやるの?

暦年を基準とする通常の贈与では、年間110万円を超える現金や不動産などの財産を、個人から無償でもらった時に課税される贈与税。基本的に自分で申告する必要があります。いつ、どのように申告すればよいのでしょうか。税理士の方に聞いてみました。

祖父母から孫への一括贈与が非課税になる新制度とは

子供を大学まで進学させるのに必要な教育費を蓄えるために、悩んでいませんか。そんな状況を助けてくれるのが、2013年4月から施行された、主に父母又は祖父母から子又は孫へ教育資金を非課税で贈与できる新制度。税理士の方に教えてもらいました。

非課税になる夫婦間の不動産の贈与とは

暦年を基準とする通常の贈与では、贈与税は、年間110万円を超える現金や不動産などの財産を、個人から無償でもらった時に発生する税金。しかし、ある一定の条件を満たせば、非課税になることもあります。いったいどんな条件が揃えばいいのでしょうか?

相続税の対象となる土地や建物の評価基準とは

遺産を相続する際に発生するのが相続税。このうち現金や金券などは、その額面通りに課税されますが、土地や建物はどのように評価されるのでしょうか? ここでは、遺産相続や相続税のプロフェッショナルである税理士の方に、課税のルールについて聞きました。

平成27年から縮小される相続税の基礎控除額

ドラマや小説などで、相続税があまりにも高額のため相続を放棄するといったシーンがありますが、多くの場合は、相続税にも基礎控除額があるので、高額な相続税が発生することは稀だそうです。ここでは、相続税の基礎控除額に関して、説明しましょう。

相続税の申告期限

遺産を相続する際に課税される相続税。さまざまな財産がある場合、計算方法は複雑になります。きちんと申告したけれど、複雑な計算ゆえに、申告漏れがおきることもあります。申告漏れがあった場合、どのような罰則が課されるのでしょうか?

そもそも”公正証書”ってなに?

公正証書といえば、公正証書遺言が思いつく人も多いのではないかと思います。そもそもこの”公正証書”とは、どんな存在なのでしょうか?遺言状や公正証書に詳しい税理士の先生に、お話を聞いてみました。

遺言で差が出る遺産相続

遺産を誰が相続するのか、どのように分けるのかで相続を巡り相続人間で争いになる心配があると思いますのでそこで相続の問題に対処する遺言について、相続の専門家である税理士の先生にアドバイスをいただきました。

公正証書遺言の作り方

遺言の中で一番安心とされている公正証書遺言。では一体どこで、どのように作れば良いのか?そこで数多くの公正証書遺言を手がけてきた税理士の方に、詳しい作り方を教えてもらいました。

TOPへ