日本地酒特集

まだまだ知られていない日本各地の
日本酒・焼酎・泡盛をご紹介します。

個性豊かなお酒を育んだ物語とあわせて
ご堪能ください。

陸奥湾純米吟醸について

青森県は、県土の67%を森林が占める自然に恵まれた地です。そして国立公園十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、世界遺産白神山地などブナ原生林の養水や豊富な雪解け水、澄み切った空気と厳しい寒気から育まれた自慢の水があります。

その素晴らしい水に恵まれ、六花酒造は1972年(昭和47年)3月に青森県弘前市の造り酒屋3社が合併して誕生しました。創業は、1719年(享保4年)まで遡ります。

津軽の四季の頂点は真冬で、津軽人の気質も日本酒もその厳しい酷寒の中で育まれ、甘口全盛期の頃でも、頑なに辛口酒を貫き通しました。北国の気品を伝える香り、そして馥郁たる味わい、そんな津軽の季節が伝わる酒造りを日々目指しております。

純米吟醸 陸奥湾 1.8L

今回ご紹介する、陸奥湾純米吟醸酒は、白神山系地下伏流水と青森の代表酒米「華吹雪」「華想い」を使い、低温発酵によるきめ細やかな旨みと華やかな含み香が冴える味わいが特徴です。

やわらかい香りと淡麗辛口な味わいで、食事の邪魔をしないお酒に仕上がりました。白ワインのシャブリを思わせるような程よい酸味とのど越し。抜群のキレの良さをお楽しみいただけます。

(文/株式会社トノサキ 外崎美枝子 様)

日本酒はどうやって保存管理するの?

日本酒は、保管時の温度や光に対し極めて過敏に反応しやすいのです。まず1〜8℃の冷気温中にあり、温度変化が少なく日光から遮断されていること、明りは必要最低限度とし、殺菌灯、蛍光灯は使用しないのが理想とされます。

日本酒イメージ

ほとんどの日本酒はワインとは異なり、コルク栓を使用していないため、酒質管理上高湿度である必要はありません。かえって湿気が多いと、王冠、キャップのサビが生じたり、カビの発生によってラベルの汚損や異臭の原因となります。通常は横に寝かせて保存する必要もなく、冷蔵庫内に立てて保存してもよいのですが、特に香りの変化が早い生酒や、吟醸、アミノ酸の多いタイプのお酒などは細かい配慮を必要とします。

PAGE
TOP

1.各ショップの掲載内容およびお取引について

iタウンページで提供するECサービスにおける、各ショップは、NTTタウンページ(株)が提供するものではございません。各ショップ内の情報や各ショップでの購入といったお取引については、各ショップの提供主体が行うものであり、NTTタウンページ(株)が各ショップの活動内容、取扱商品・サービス、および掲載内容、お客様の各ショップの提供主体との取引について保証するものではございません。各ショップの利用に関し、お客様に発生した損害、損失、障害についてNTTタウンページ(株)は責任を負いません。

2.各ショップの利用にあたっての注意事項

3.お客様は、NTTタウンページ(株)がiタウンページ及びこれに付随するサービスの運営のため、または、商品等の広告又は宣伝等のためにお客様に電子メールを送信することを承諾します。
NTTタウンページ(株)における個人情報の保護に関する基本的な方針については「プライバシーポリシー」をご覧ください。

平成27年3月26日