ぜんそくや花粉症、アレルギー性のせきなど、アレルギー症状に悩まされている方、ご相談ください

喘息や花粉症、様々なアレルギー疾患、つらいですよね…

そのような症状でお悩みでしたら、“広島アレルギー呼吸器クリニック”にご相談下さい
当クリニックでは、呼吸器を主に医療サービスを行っています
広島市中区八丁堀、東区光町にクリニックを設けており、アクセスも良好
呼吸器やアレルギーに関する疾患に対応いたします

喘息・長引く咳

長引く咳の原因として最も考えておかなくてはならない病気は、なんと言っても「気管支喘息」であり、「気管支喘息」以外の原因としては、喘息の前段階とも言える「咳喘息」、アレルギー性の咳である「アトピー咳」、副鼻腔炎・鼻炎との関連がある「副鼻腔気管支症候群」が代表的です

■気管支喘息は慢性・進行性の病気
「気管支喘息」という言葉を聞くと、夜中にゼーゼーいって横になっていられないくらい呼吸が苦しくなる発作を連想されると思います
しかしながら、こうした「発作」は、水面上に見える喘息という氷山の一角であり、実際は、水面下にもっと大きな喘息の本体が隠れているのです


■喘息氷山の本体は、気道炎症・気道過敏性・気道狭窄
喘息とは、気管・気管支の刺激に対する敏感さが、アレルギー、ウイルス感染、精神的ストレスなど、種々の原因によって亢進する病気です
気道をとり巻く気道平滑筋の収縮・緊張、気道の浮腫(むくみ)、気道への分泌物(痰)の貯留などにより、気道は緊張状態におかれ、空気の通り道が細まっています
この状況を「気道閉塞」と呼びます

■気管支喘息の治療
喘息治療のターゲットは、喘息氷山の水面上の症状をとることはもちろんですが、喘息氷山の水面下の本体に対するものが重要となります
喘息は、慢性・進行性の病気であることを考えれば、長期的治療を要するものです

喘息治療薬は、喘息長期管理のために長期的・継続的に使用する薬剤と喘息発作治療のために短期的・一時的に使用する薬剤に、その使用目的から分類して考えておく必要があります
前者を長期管理薬(コントローラー)、後者を発作治療薬(リリーバー)と称します

きちんと長期管理をしていれば、喘息症状は起こりにくくなるし、起こったとしても症状の程度は軽くてすみ、リリーバーの使用量・使用種類も少なくてすむわけです
すなわち、リリーバーを使用する必要のないコントローラーの使用が理想なのです

呼吸抵抗測定器IOSや呼気一酸化窒素(NO)測定器などを用いて、丁寧なケアと診断を行っております

 

COPD(肺気腫)・禁煙相談

■COPDはタバコ病
原因のほとんどは習慣的喫煙、すなわち、COPDはたばこ病です
喫煙を続けるかぎり年々進行していきます

多くは40歳以上で発症し、60~70歳代と高齢になるほど、咳、痰、息切れなど、はっきりした症状を示すようになります
重症化すれば、身のまわりのことをするにも息切れが強くなり、生活に非常に深刻な不自由をきたす病気です

大体40歳をすぎたころから、坂道や階段での息切れ、慢性的な咳、痰などの症状が現れ、次第に進行していきます
進行していくと日常生活での支障が大きくなり、QOL(生活の質)が著明に低下してしまいます
すなわち、喫煙を続け、適切な治療がなされなければ、息切れのために体を動かすことが少なくなり、四肢の筋力が低下して、わずかな動作でもさらに息切れをきたすようになってしまいます

■禁煙相談
タバコがやめにくいのは、ニコチン依存と心理的依存の二つの要素が根底にあるからなのです
ニコチン依存とは、タバコに含まれるニコチンによってつくり出される身体的依存状態のことであり、心理的依存とは、それまでタバコを吸っていた状況になると急にタバコがほしくなる状態のことです

喫煙が体に悪いものであり悪影響をおよぼすことは、みなさんよくご存知です
COPD(肺気腫)に限らず、がん、心筋梗塞、脳血管疾患など、多くの疾患に悪影響をおよぼします
喫煙者の8割が、実は禁煙したいと思っているという調査もあります

そこで、禁煙サポートを中心とした禁煙治療が必要となるわけです
身体的なニコチン依存に対しては、バレニクリン内服薬やニコチンパッチなどを用いてサポートし、心理的依存に対しては、日常生活の工夫などのアドバイスを行い、ひたすらがまんするつらい禁煙を、できるだけ無理なく禁煙できるよう道案内をするわけです

もちろん、魔法の薬はないわけで、禁煙の主役はご本人ですので、「禁煙するぞ!」という強い決意が前提となることはお忘れなく

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸が繰り返され、睡眠の分断、深い睡眠の減少により日中に過度の眠気を伴う病気です

昼間の眠気と睡眠中のいびきが二大症状です
日中は眠気が強いため、集中力を欠き仕事の能率が低下します
また、夜間は睡眠が分断され、排尿に起きる回数が多いのも特徴です


■睡眠時無呼吸症候群の検査・診断
まずは、スクリーニング検査として、“ご家庭”で、「簡易睡眠時呼吸モニター」にて睡眠時の呼吸状態、酸素状態、心電図などをチェックしていただきます
この検査で、明らかに重度の睡眠時無呼吸症候群で治療が必要と判定される場合は、治療に入ります


■睡眠時無呼吸症候群の治療
肥満がベースにある場合は、まず減量が大前提です
しかし、多くの場合、「経鼻的持続陽圧呼吸(nasal CPAP)」が必要となります
これは、睡眠時に肥満による咽喉頭部の狭窄があるため、呼吸するときに圧力を少しかけて、狭窄部位の気流を保ち、無呼吸を防止するという治療法です

 

◆八丁堀
〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀14-7 八丁堀宮田ビル4F
初診患者様受付 9:00~11:30/15:30~17:00(完全予約制)

予約専用ダイヤル:0120-865911

■診療時間■

■診療スケジュール■



◆光町
〒732-0052
広島県広島市東区光町1-9-28 第一寺岡ビル6F
初診患者様受付 9:00~11:30/15:00~17:00(完全予約制)

予約専用ダイヤル:0120-116749

■診療時間■

■診療スケジュール■