文字サイズ

レブンアドベンチャーフォト

レブンアドベンチャーフォト

礼文島への旅の思い出に
プロが撮る記念の一枚

お電話はこちら

0163-85-7716

  • 礼文島の旅行撮影
  • 思い出の写真を記念にしませんか
  • 大自然と一緒に記念撮影
  • 海産物・ポストカード・Tシャツなどのお土産販売
  • 最高の思い出写真撮りましょう
礼文島での旅行撮影はプロにお任せ!
みなさまの大切な旅の思い出づくりをお手伝いさせてください。
礼文島旅行の記念にいかがですか?
★旅行撮影とは、思い出の旅行にカメラマンが同行し、出張撮影スタイルのことです。
★撮影の予約については一日一隊を予定しておりますので、前日までの早い予約をお願いいたします。
  • 澄海(すかい)岬澄海(すかい)岬
  • レブンアツモリソウレブンアツモリソウ
  • 桃岩展望台桃岩展望台

詳細情報

日本最北端の島、利尻島。
旅の思い出の写真に、記念の一枚撮りませんか。


めったに訪れる事のできない礼文島。
せっかく行くのですから、プロによる撮影で綺麗な風景と一緒に記念写真撮りませんか。
旅先でこんな経験ありませんか?
●自撮り棒で友達と撮影したけど、どうしても背景と自分達うまく写らない…
●家族全員で撮りたいけど、周りの人に頼むのも…
●あまり来れない場所だし、綺麗な写真撮りたいけど、スマホでは限界がある…

など、自分達の撮影には色々と悩みはつきものです。
スマートフォンでの自撮り機能で撮影しても、顔のアップや顔が半分隠れたりなど
背景と一緒にキレイに写真に納まるのは難しいですよね。
礼文島の旅行、1~2時間を特別な撮影時間にしてプロのフォトグラファーによる写真撮影を依頼してみてはいかがですか。
ご家族と・ご友人と・ご夫婦・カップル・一人旅での記念撮影に、ぜひご利用ください。
現地を知り尽くしていますので、穴場スポットもお教えしますよ。
大自然の中で皆様が風景写真の一部になるような、記念に残る写真を撮らせていただきたいと思っています。

撮影料金
3時間/8,000円
6時間/15,000円
写真については、額装販売となります。(お好きな色等のフレームをお選びいただけます)
撮影の予約については、1日1組を予定しておりますので、前日までの早い予約をお願いいたします。

【土産品販売】
出汁昆布、とろろ昆布、ホッケや毛がに等は店頭販売しております。地方発送もできますので、ぜひお立ち寄りください。
ウニについては、近年不漁とウニ漁が行われない場合もありますので、予約販売とさせていただいております。
詳しくはこちらをご覧ください。

レブンアドベンチャーフォトの営業時間
5~9月
午前7時30分から午後5時5分最終フェリー出航後 
シーズン中は無休(フェリー欠航日は除く)
10~4月
午前8時から午後4時まで 
定休日は火曜日、第2,4水曜日
12~3月
個展等開催に伴う冬季休業がある場合があります。
定休日等であっても、島内に居る場合にはご連絡頂ければ、対応させていただく場合がございます。

レブンアツモリソウ等の花情報
時期によって違いはありますが、
レブンアツモリソウ/6月1日を基準として、前後10日以内の日に来ていただけたら、見頃の花はあります。
レブンウスユキソウ(エーデルワイス) 7月初旬から8月中旬ごろに見られます。高山植物園に行けば、時期外でも観られる場合がございます。

礼文島について
北海道の日本海に位置する最北の離島。
別名「花の浮島」と呼ばれています。
遠い昔、大陸から切り離された利尻島には奇跡的な自然が今なお残されており、
利尻礼文サロベツ国立公園では夏に約300種の高山植物が咲き乱れます。
見頃は6月頃から8月頃まで。
食ではコンブ・ホッケ・ウニ・タラなど海の幸にも恵まれています。
夏はクーラーがいらないほど涼しいので、ハイキングやトレッキングがオススメ。

トレッキングの服装
長袖・長ズボン。伸び縮みする動きやすい服装。
長袖の下に半袖Tシャツを肌着替わりに着る(暑くなったらすぐ脱げるように)

礼文島トレッキングコース 7つのルート
桃岩展望台コース/香深~桃岩展望台~知床へと続く約7.3kmの代表的な人気コース。高山植物の方向です。所要時間:約4時間。
礼文林道コース/元地側入り口から香深井入口までの全長約10.2kmのコース。歩きやすくお花を楽しめます。所要時間:約3時間50分。
礼文滝コース/礼文林道コースの途中の礼文滝入口から滝までの全長往復約4kmのコース。所要時間:往復約2時間30分。
岬めぐりコース/スコトン岬から浜中へと続く全長約13kmのコース。所要時間:約5時間。
久種湖畔コース/日本最北の久種湖畔には散策路があり湖畔を一周できます。所要時間:約60分~90分。
8時間コース/浜中から香深井まで全長約17kmの礼文島の西海岸を縦断する変化に富んだ最長のコース。所要時間:約8時間。
礼文岳コース/内路地区から礼文岳の山頂を目指す片道約4.5kmのコース。所要時間:登り1時間30分、下り1時間30分。

主な観光地
◆北のカナリアパーク→映画のロケ地にもなりました。
◆スコトン岬→いちばん北にある岬で無人島「海驢(とど)島」を望めます。
◆金田ノ岬→もしかしたら岩礁で寝そべるアザラシが見れるかもしれません。
◆高山植物園→30種類の高山植物が約2万株あり季節ごとに咲き誇ります。
◆元地海岸→もしかしたらメノウ原石を拾えるかもしれない「メノウ浜」とも呼ばれています。
◆地蔵岩→海に面したところにある奇岩で、両手を合わせてるようにも見えます。
◆桃岩展望台→海底から出たマグマ等で形成されたと言われる桃岩、海側には猫が座っているように見える猫岩が見れます。
◆澄海(すかい)岬→天気が良ければ礼文ブルーのコントラストで絶景が望める入江。

礼文島への行き方
●各空港より新千歳空港へ
 新千歳空港から利尻島へ直行便がございます。
●JR・バス・飛行機などで稚内へ
 稚内よりフェリーでお越しください。
稚内→礼文 約1時間55分
稚内→利尻 約1時間50分
利尻【鴛泊(おしどまり)】→礼文【香深(かぶか)】 約40分
利尻【沓形(くつがた)】→礼文【香深(かぶか)】 約40分

サービス内容
・プロのフォトグラファーによる写真撮影
・礼文の風景や花などのポストカード販売(写真家/藤本隆司氏撮影)
・礼文の海産物などの土産品販売

プロフィール
レブンアドベンチャーフォト
代表/藤本隆司(写真家)
世界各国を写真撮影。
カフェなどで写真展を開催。
2017年4月 礼文島に移住
礼文島の季節の花や自然を案内するフォトガイドとして活動。

レブンアドベンチャーフォト
礼文郡礼文町大字香深村字ワウシ958-8
TEL.0163-85-7716
E-mailアドレス/3341papa@gmail.com
◆撮影の予約/店舗電話に電話をお願いいたします。不在の場合は、留守番電話となっておりますので、メッセージをいただきましたら、折り返しお電話をさせていただきます。
◆アクセス/礼文島フェリーターミナル駅から1分、フェリーターミナル前にあります。駐車場は付近に観光駐車場がありますので、お尋ねください。
  • 地蔵岩と夕陽地蔵岩と夕陽
  • 金田ノ岬付近のアザラシ金田ノ岬付近のアザラシ
  • 店舗では海産物などのお土産品販売店舗では海産物などのお土産品販売

二次元バーコード

レブンアドベンチャーフォト2次元バーコード