文字サイズ

トリゴエタケシトチカオクチョウサシギョウセイショシジムショ

鳥越健土地家屋調査士・行政書士事務所

ADR認定調査士、
入国管理局認定申請取次行政書士

お電話はこちら

0996-62-6808

・土地、建物の調査・測量・登記(分筆、地目変更、新築、増築等)
・境界確定、筆界特定申請
・農地転用、農振除外手続
・土地の払い下げ申請
・土地の境界トラブルを原因とした民間紛争の解決相談
・地籍調査等で生じた地図と境界の疑問についての相談
・在留外国人の在留手続、帰化申請
・成年後見人の利用

お知らせ

夜間ご相談等も承っております
(事前にご相談下さい)

  • 廃棄物収理業、他廃棄物収理業、他
  • 法的手続き法的手続き

詳細情報

==お知らせ==
夜間ご相談等も承っております
(事前にご相談下さい)

当事務所の特長
土地家屋調査士業務
※裁判以外の解決法、あります。
当事務所は、民間紛争解決手続代理の認定(ADR認定)を取得しています。
また、法務局による筆界特定手続も積極的に利用いたします。
裁判にはよらず、お隣の方との人間関係を修復できる解決法をご提案できます。
ちなみに・・・
出水地区周辺でよくある土地の境界についての相談
(1)地籍調査で決められた境界とそれ以前の境界が違うのではないか。
(2)土地改良図と地籍図の境界線が相違して二重になっている。
(3)先祖同志で隣と土地を使いやすいようにやり取りして境界がわからない。
    ~このような状態は深刻な境界紛争へと発展します。時効は進行します。
                       事態を放置せず、早めにご相談ください。~

行政書士業務
※成年後見人制度のご利用、サポートできます。
当事務所は、行政書士会の会員による、一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターに登録しています。
認知症等の高齢者ご本人の方の人権、財産を守るお手伝いをいたします。
認知症、アルツハイマー等の診断が出ている方で、意思の正常なうちに土地・建物や預貯金などの財産の処分方法などを決めておかれたい方など、状態が悪化しないうちにご相談ください。

※外国人の在留手続、代理できます。
当事務所は、法務省入国管理局認定の申請取次行政書士です。
外国人を雇用された場合、入国管理局への諸申請は本人が直接、局へ出向く必要がありますが、申請取次行政書士は本人の代理ができるため、本人の負担が軽減されます。
なお、平成24年7月より、「在留カード」が交付されますので、市町村への住所届けも義務付けられます。充分ご注意ください。
外国人ご本人、雇い主の方で在留手続にご不自由を感じておられる方は、是非ご相談ください。

弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・社会保険労務士とも連携しております。
お気軽にご相談ください。
  • 住宅、土地の境界住宅、土地の境界

二次元バーコード

鳥越健土地家屋調査士・行政書士事務所2次元バーコード