新しいがん治療、ご存知ですか?

さくらクリニックでは、西洋医学の良い点を認めながら、副作用が少なく体質から改善する東洋医学の功績を取り入れ、 患者様おひとりおひとりにあった治療法をご提案させて頂いております。

あなたに合った治療法を一緒に探していきましょう。
あなたの悩みをお聞かせください。

主な治療法

がんの遺伝子療法
がんの無限増殖を停止して遺伝子の正常な機能を回復する遺伝子治療。

高濃度ビタミンC点滴療法
超高濃度のビタミンC抗がん作用を持つことを利用した療法。
ビタミンCは高濃度になると栄養素ではなく抗がん剤として働きます。
免疫力を高め大きな抗酸化作用で副作用や体調の改善をするという、これまでにない理想の化学療法であるわけです。
安全性が極めて高く、ビタミン自体は副作用も危険なものはほとんどといってないので、身体にやさしい治療法です。

(料金等)
25g 15,200円
75g 25,500円
所要時間40~90分
G6PD検査代 1回 11,000円
その他治療開始前に一般的な血液検査、腫瘍マーカーなどをお調べします。

副作用(リスク)
有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。
心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来す恐れがあります。
透析中の腎不全の方はこの治療を受けることが出来ません。

高活性化NK細胞療法(免疫細胞療法)
培養する細胞は、NK細胞やT細胞など種類がありますが、もっとも原始的な免疫細胞である
NK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。
自己のリンパ球を体外で活性培養し、体内に戻す療法です。

(治療の流れ)
患者様の血液を50ccほど、採血します。
免疫細胞の培養を始めます。(2週間を要します)
免疫細胞を整理食塩水とともに点滴で戻します。
1クール6回を目安に、2週間、または3週間に1回のペースで治療を行います。

(料金等)
1回 330,000円

副作用(リスク)
自己の免疫細胞を培養・活性化して再び身体に戻す療法ですので、副作用はほとんどありませんが
点滴後にまれに一時的な熱感がみられる場合がありますが、時間とともに解熱致します。

アルファ・リポ酸点滴療法
リンパ球のひとつであるT細胞の活性を高め、がん細胞を死滅させます。
アルファリポ酸は水溶性・脂溶性どちらにも働くことができるため、血液や脳脊髄液そして脳、心臓、膵臓、

腎臓、肝臓、骨、間接、体脂肪など、あらゆる臓器のあらゆる細胞で抗酸化物質として働き、また、自らが
抗酸化物質として働くだけでなく、抗酸化物質として働いて抗酸化力を失ったビタミンA・C・Eやグルタチオン
などの他の抗酸化物質を再生して、もう一度抗酸化力のある抗酸化剤に蘇らせる働きもします。

(料金等)
1回 12,200円(所要時間40~50分)
週に1回~10日に1回の頻度で、10回程度続けることをお奨めします。

副作用(リスク)
ほとんど副作用はありません。
可能性として免疫症候群など十分にケアをしながら点滴をします。

低用量ナルトレキソン療法
少量のナルトレキサンの投与ががん細胞の成長・分裂・アポトーシスコントロールする治療薬として注目されています。
1日1回就寝前に1カプセル(3mg)を服用

(料金)
低用量ナルトレキソン療法 カプセル(1カ月分)16,200円~19,300円

副作用(リスク)
まれに不眠や鮮明な夢を見ることがありますが、服用開始2週間くらいで慣れてきます。
多発性硬化症やパーキンソン病では、一時的に症状が悪化することがありますが、その後改善していきます。

ウクライン点滴療法
有効な抗ガン剤と併用することができます。
この治療が有効なガンの種類についてはまだ研究段階ですが、これまでに結腸・直腸がん、乳がん、
膀胱がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がん、口腔がん、小細胞性肺がん、非小細胞性肺がん、
頭頚部がん、精巣ガン、様々な肉腫、悪性黒色腫、悪性リンパ腫で有効であったと臨床研究論文、あるいは事例で
報告されています。

(料金等)
1クール分(約12回分)薬剤料金 約90万円
施行料 1回につき10,000円
週2~3回のペースで合計10回の投与を1クール(30~40本)とし、有効であれば2クール目、または投与回数を
減らして継続します。
2~4カ月後にさらに6回の投与を行うことを推奨します。

副作用(リスク)
妊娠中や高熱がある時は使用できません。
成長期の子供への投与も十分な注意が必要です。
副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤はウクラインの免疫増強作用をさまたげるので、これらの薬剤との併用を避けることを奨めます。
高度の悪液質を伴う末期状態のがん患者様への効果はほとんど期待できません。

※自由診療

 ※治療内容や料金についてはこちらをご覧ください
 

がん治療の料金について

治療に伴い、別途検査(費用)が必要となるものがあります。詳しくは受付までお問い合わせください。
基本的に治療内容のご説明後のご案内となります。


1.がんの種類によって投与する遺伝子薬剤の数に差が生じます。
投与薬剤の増量が特に効果的と考えられる際はご提案いたします。
その場合に限り、料金は個別のご相談となります。(がん遺伝子・NK細胞併用療法も同様)

2.ウクライン点滴療法に関しましては、1クール分(約12回分)の薬剤の料金となり、原材料価格の変動により異なります。
尚、施行料として1回につき10,000円が別途必要となります。

3.体重60キロ以下の方:16,000円、 体重61キロ以上の方:19,000円となります。

4.低用量ナルトレキソン療法は、内服となりますので初診・再診料は頂きません。
 
その他、 ご質問がございましたら小さなことでもお気軽にお電話ください。

さくらクリニックは患者様が安心してがん治療に専念出来るよう、全力を尽くしてまいります。
様々な治療方法の中から、メリットやデメリット、副作用から治療にかかる費用など、親身になってお応えします。

 

お電話はこちら

099-213-5733

主な診療科目
内科、在宅医療、がん外来、点滴療法、プラセンタ療法、健康美容外来、ニキビ・スキンケア・アトピー外来、予防医学外来、更年期障害、禁煙外来、予防接種、健康診断
風邪、インフルエンザ、肝機能障害、花粉症、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)気管支喘息、肺炎、不整脈、心不全、腎盂腎炎、各種アレルギー疾患、頭通、眩暈、動脈硬化など内科一般の診断・治療・管理など



さくらクリニック
TEL099-213-5733/FAX099-213-5730

〒890-0055 鹿児島市上荒田町29-12

診療時間 14:00~18:00
休診日   木曜日
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療致します。

尚、開院は8:30からとなっております。
ご相談や自由診療の再診(お注射・点滴など)は午前中からご対応させて頂いております。
お電話でご予約頂きますと助かります。