文字サイズ

フジキヒフカクリニック

藤木皮膚科クリニック

呉服町電停・バス停前
皮膚科/アレルギー科/形成外科の診療

お電話はこちら

096-356-4112

当クリニックでは、
アトピー性皮膚炎、ニキビ、帯状疱疹、かぶれ、じんましんなどの一般皮膚科治療を中心に、
皮膚科/アレルギー科/形成外科の診療を行っています。

お知らせ

6/7(金)、6/8(土)は院長、日本皮膚科学会総会出席の為、休診とさせて頂きます
※6/10(月)の午後は通常通リ診療を行います
※6/15(土)、7/20(土),9/28(土)は院長学会出席の為、診療受付時間をAM11:30までとさせて頂きます

※水曜午後、土曜午後、日曜・祝日は休診

詳細情報


■一般皮膚科診療
~アトピー性皮膚炎について~
アトピー性皮膚炎は、軽症から重症まで様々です。
保湿剤のみでコントロールできる場合もあれば、ステロイド外用剤や抗アレルギー剤の内服などが必要になる場合もあります。
ステロイド外用剤は、年齢・症状の程度・部位によって、うまく使い分けることが大事です。
顔面の皮膚炎には、タクロリムスという外用剤を使い、ステロイドを顔面に外用することで起きやすい副作用をなくし、QOLを向上させることが可能です。


~にきびについて~
にきびは、なかなか治りにくいものですが、毛穴のつまりをとる外用剤が数種類保険適用になり、治療効果が高まりました。
にきびの症状に応じて、内服薬・外用剤を調整しながら治療していきます。
時には漢方薬が大変有用な場合があります。


~帯状疱疹について~
帯状疱疹は、早期に治療を開始することが最も重要です。
身体の片側のみに疼痛が出現し、発疹が認められたら、できる限り早期に皮膚科を受診して下さい。


~かぶれ(接触皮膚炎)について~
かぶれはステロイド外用を中心に治療します。
かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン剤の内服も必要です。

※顔の化粧品かぶれで来院される女性の方が多くいらっしゃいます。
かぶれの治療をする場合、現在使用されている化粧品はすべて中止する必要があります。
しかし仕事の為に化粧はどうしても中止できないという方も多くいらっしゃいます。
当院ではそういう方のためにご紹介できる化粧品(ファンデーション)をご用意しております。


~じんましんについて~
突然、皮膚がみみずばれのようになり、かゆくなるじんましん。
じんましんの原因は分からないことも多く、原因が確定できない特発性じんましんが70%以上といわれています。
しかし、抗ヒスタミン剤の内服を中心に治療を行うと、多くのじんましんは改善していきます。
慢性じんましんの場合は、抗ヒスタミン剤を継続して医師の指示通りにきちんと内服することが大切です。


~イボ、皮膚腫瘍について~
イボには、主に液体窒素を使った治療を行っています。
小さな良性の皮膚腫瘍については、CO2(二酸化炭素)レーザーメスで取り除く等の治療を行っています。



■AGA(男性型脱毛症・男性の抜け毛や薄毛)について
AGAは進行します。
AGAの進行を抑えたり、発毛を促進させる内服薬で治療を行っています。


■しみ・美白対策
しみや色素沈着にHQ(ハイドロキノン)やビタミンCの外用剤をご紹介しています。

二次元バーコード

藤木皮膚科クリニック2次元バーコード