文字サイズ

カンポウカミトオリヤクヒン

漢方上通薬品

熊本市中央区の相談出来る薬局店
漢方・医薬品・化粧品

お電話はこちら

096-354-4745

創業83年 熊本市の薬局店
 漢方上通薬品 
ご自身の自然治癒力を高めて「健康貯金」をためませんか?
漢方的な考えを用いてお客様の体質に合ったお薬をご提案するとともに、
健康に関するトータルアドバイスも行っております。
女性スタッフもおりますので、お気軽にお越し下さい。

キヨーレオピン取扱店
  • 漢方薬漢方薬
  • 医薬品医薬品
  • 化粧品化粧品

詳細情報

健康を維持するものそれは、
食事」「運動」「心のケア」と私たちは考えています。

その健康維持のための三大要素を補うものとして、「漢方薬」、「医薬品」を紹介しています。本来体を治すのはお薬でも医者でもなく、自分自身の自然治癒力です。それを高めるための相談・ご提案ができる薬局であることを心掛けております。

このような症状でお悩みの方はご相談ください。
自律神経失調症、高血圧、低血圧、糖尿病、肝臓病、腎臓病、アレルギー性疾患、心臓病、慢性胃炎、胃潰瘍、リウマチ、蓄膿症、不眠、ノイローゼ、更年期障害、生理不順、夜尿症、精力減退 など
今の苦痛をとる対症療法だけでなく、予防と養生(病気にならない丈夫な体づくり)の提案も行っています。女性スタッフもおりますので、お気軽にご相談ください。

根本治癒の大切さのための“5つの違い
 1.効くと治す 
効く…対症療法のこと。
治す…自然治癒力を使って根本治癒すること。

 2.悪いと弱い 
悪い…すでに病気になった状態。
弱い…未病の段階だが、信号でいえば黄色信号の状況。

 3.栄養剤と強壮剤 
栄養剤…いわえるビタミン剤などで、病院でいえば点滴に相当するもの。
強壮剤…自然治癒力を高めるもの。

 4.病気と病器 
病気…神経の不調からくる病(冷え、肩こり、頭痛、不眠、更年期など)
病器…形状や血液成分の異常をともなうもの(がん、心筋梗塞など)

 5.上薬・中薬・下薬 
上薬…長く服用しても害がない。
中薬…わりあい副作用が少ないが、飲み方を間違えると害がある。
下薬…対症療法のもので、長く服用すると害がある。


取扱商品
漢方薬・医薬品・健康食品・化粧品
当薬局で取り扱うものは安全なもの、できるだけ天然に近い成分にこだわっております。
詳しくはこちらから

当店で行えるサービス
血流測定器…血液年齢・動脈硬化の度合いが分かります。血流が末端まで行き渡っているかの末梢血管抵抗で確認できます。
Vバランス…10分乗っただけで、強度に応じて2400~15600歩歩いたのと同じ運動効果が得られるマシンです。

漢方上通薬品
住所
熊本県熊本市中央区上林町1-30-1F
番号
TEL:096-354-4745
FAX:096-354-4746

アクセス
上通り商店街アーケードを抜けてこむらさきさんより2つ目の角を左折してすぐです。(丸小ホテルさんならび)

 facebookはこちらから 
  • アットホームで話しやすい薬局です。アットホームで話しやすい薬局です。
  • 丁寧なカウンセリングを心掛けております。丁寧なカウンセリングを心掛けております。
  • 女性スタッフも常駐女性スタッフも常駐

二次元バーコード

漢方上通薬品2次元バーコード