文字サイズ

ナンブチュウオウビョウイン

南部中央病院

膝の痛みでお困りの方はご相談下さい。

お電話はこちら

096-357-3322

医療と介護の連携で地域の健康を支えます
~夢と希望を提供できる医療を目指して~
当院は整形外科を専門としており、
その中でも膝関節外科の治療を得意としています。
膝関節鏡下手術などの内視鏡手術をはじめ、
人工関節手術を数多く手がけています。
遠隔地からも来院される患者様も年々増加しております。

詳細情報

診療担当医の紹介
■整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
 理事長 坂本 憲史

  日本整形外科学会専門医
  日本整形外科学会認定スポーツ医
  日本整形外科学会認定リウマチ医
  日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  日本リウマチ学会認定医
  厚生省義肢装具等適合判定医
  日本医師会認定産業医
  身体障害者等級認定指定医
 プロフィール
  昭和55年 鹿児島大学医学部卒
  昭和63年 熊本赤十字病院整形外科副部長
  平成04年 斉藤和病院副院長
  平成12年 南部中央病院院長
  平成24年 医療法人憲和会 南部中央病院理事長・院長

基本理念
常に高度な専門技術の研鑚とサービスに心がけ、地域医療に奉仕することをモットーに、より一層患者様に信頼と安心、夢と希望を提供できる医療機関を目指して職員ともども一丸となって頑張っております。

病院施設のご案内
関節鏡検査・関節視下手術
 関節鏡とは関節を調べる内視鏡で、ディスプレイ(画面)に病変が詳細に映し出され、映像を見ながら病変部の切除・摘出を行います。ほとんど痛みはなく、手術翌日から歩くことができ、ギブス等の固定の必要もありません。
リハビリテーション
 当院のリハビリは約9割が人工関節、交通外傷などの整形外科疾患の患者で、残りの1割が脳卒中などによるリハビリとなっています。院長は専門職として特に膝の関節治療において特に力を入れております。
MRI(磁気共鳴診断装置)
 当院では最先端のMRイメージング装置を設置しています。MRI(磁気共鳴診断装置)は磁場の中で人体に電磁波をあて、体内から得られた信号をコンピュータで処理し、映像化する最先端の装置です。
マルチスライスCTスキャナ
 医療機器整備の一環として、最新鋭の全身用コンピュータマルチスライス断層撮影装置を設置しています。
超音波室(毎週木曜日)
 超音波検査は超音波パルス(魚群探知機と同じ原理)を利用した検査で、心臓や肝臓、膵臓、胆嚢、胆道をはじめとする腹部の検査に欠かせない検査として位置づけられています。
胃カメラ
 完全予約制。毎週木曜日。

デイケアセンターなんぶえん
要支援・要介護状態の方が、心身の機能の維持回復を図り、生きがいを見出し在宅で暮らせるよう支援します。
それぞれ個人の状態に合わせリハビリを行います。利用される方々が快適に過ごせるよう、隅々まで配慮しています。

求人案内
常勤・非常勤の看護職員を募集しています。詳細はお問い合せ下さい

南部中央病院
096-357-3322
熊本県熊本市南区南高江6丁目2-24
 https://www.nanbu-chuo.com/

二次元バーコード

南部中央病院2次元バーコード