文字サイズ

メイセイビョウイン

明生病院

熊本市の精神科・神経内科

お電話はこちら

096-324-5211

  • 熊本の精神科・神経内科は明生病院
ストレスの多い社会になっている中で、精神的な悩みを抱えたり、
心のダメージを受けることは避けられません。
当院では、精神的に困ったり、辛い思いをされている方に対して、
誠実に家族的に関わっていきたいと思います。
いつでもお気軽にご相談下さい。

お知らせ

明生病院は平成24年2月22日(水)より、「敷地内全面禁煙」となりました。
※ご紹介の際もご配慮をお願い致します。
※当院の敷地外での禁煙につきましても、近隣住民の方々にご迷惑とならないようご配慮いただきたくお願い致します。
≪職員の募集≫
※採用につきましては、採用担当までご連絡下さい。
TEL 096-324-5211(採用担当者まで)

詳細情報

治療内容
■医療の取り組み
●薬物療法
統合失調症、うつ病、認知症などさまざまな精神疾患の治療の基本となるのが
「くすり」による治療です。
症状をやわらげ、再発を防ぎ、生活を支えるため最適な薬物療法を提供します。

●精神療法
治療者が相談者との対話を通して、生活や人間関係についての振り返りと心身の状態についての気づきの促しや、ストレス対処方法についての取り組みなど様々な手法を用いて援助を行うことです。症状や病気の種類、相談者の適正、治療者の関わり方などで働きかけは違います。
対象となる方が一人なのか複数かによって個人精神療法と集団精神療法に分けられます。
個人精神療法では、治療者によって支持的に保障された中で自らの状態を理解し気づきを得ることができます。
集団精神療法では、治療者だけでなく他の参加者同士の体験共有による相互作用で安心感達成感が得られることが期待されます。
当院での集団精神療法としては、アルコール問題を扱うARP、コミュニケーションスキルのやり方を学ぶSSTグループ、心理教育としてのあすなろ教室、禁煙サポートグループ、統合失調症の方の家族を対象にした心理教育を行う家族教室などがあります。

●生活療法
社会性の適応と自立を図るために、各種レクレーション(バスレク、文化祭、演芸会など)や軽作業などの集団活動を通して対人関係の協調性や自主性、行動の持久力を養います。
社会性を維持することで、再発予防や症状の安定を目指します。

■集団療法の取り組み
作業療法
アルコール・リハビリテーションプログラム
生活技能訓練(SST)
あすなろ教室
退院準備プログラム
禁煙サポート(スワンの会)
家族教室

外来のご案内
■初診をご希望の方へ
初診は予約制となっております。
まずはお電話で平日(8:30~17:00)にご相談ください。
096─324─5211
※初診の方の診療は午前中となります。

ご持参いただくもの
ご来院の際には「保険証」をご持参ください。
 ・自立支援医療費受給者証
 ・生活保護緊急時医療券
上記をお持ちの方はご提示ください。

入院のご案内
■初診での入院をご希望の方へ
まずはお電話で平日(8:30~17:00)に「入院希望」の旨をご相談ください。
096─324─5211
※初診の方の診療は午前中となります。

詳しい入院のご案内はこちらから
 
http://www.k-meisei.or.jp/   

  • デイケア(DC)デイケア(DC)
  • 作業療法作業療法
  • アリーナアリーナ

二次元バーコード

明生病院2次元バーコード