文字サイズ

クマモトケッカンゲカクリニック

熊本血管外科クリニック

下肢静脈瘤の治療

お電話はこちら

096-288-3851

下肢静脈瘤 熊本血管外科クリニックは、
下肢静脈瘤の「日帰り治療」を行う
専門クリニックです。
従来、下肢静脈瘤の治療には
「1週間の入院が必要」とされてきたストリッピング
手術ですが、近年の麻酔法や手術法の著しい
進歩により、日帰りでの治療が可能になりました。

詳細情報

【クリニック紹介】
下肢静脈瘤 熊本血管外科クリニックは、下肢静脈瘤の「日帰り治療」を行う専門クリニックです。
従来、下肢静脈瘤の治療には「1週間の入院が必要」とされてきたストリッピング手術ですが、近年の麻酔法や
手術法の著しい進歩により、日帰りでの治療が可能になりました。
また、より侵襲が少なく傷の目立たない血管内レーザー治療も導入しました。
こちらも日帰りでの治療が可能です。
下肢静脈瘤の日帰り治療は、職場や家庭に早く復帰できるという社会的なメリットに加えて、経済的な意味からも入院費用がかからずにすむために、患者さんにとって利点の多い治療方法だと思われます。
欧米ではすでに主流となっている日帰り治療ですが、日本でも今後は日帰りで下肢静脈瘤のストリッピング手術を受ける方が増えてくるものと予想されます。

【熊本血管外科クリニックのポリシー】
熊本血管外科クリニックでは、下肢静脈瘤をはじめ血管外科手術の経験豊富な院長がすべての治療に当たります。
TLA法とよばれる局所麻酔と2種類の静脈麻酔を組み合わせた画期的で新しい麻酔法で、半分眠っている間に
約1時間弱で手術は終了します。
下肢静脈瘤のストリッピング手術の場合、基本術式で1~2cmの創2箇所で下肢静脈瘤の手術が可能です。
熊本血管外科クリニックでは、痛みが少なくて正確で早いというだけでなく、「小さな創で少ない切開」というポリシーで
見た目にも優れた手術にこだわっています。

【熊本血管外科クリニックのスタイル】
下肢静脈瘤の診察に来られる患者さんご自身の待ち時間をできるだけ少なくしたい、また充分な時間をかけて診察と
説明をしたい、との思いから予約診察制にしています。
診察ご希望の方はあらかじめ電話予約のうえご来院ください。
また、かかりつけ医の紹介状や定期的な内服薬などの情報があれば、より安全に治療計画を立てることができますので、
ご協力をお願いします。

◆治療・手術費用について
診察・手術内容
初診時(初診料、超音波検査、術前検査一式)  費用7,000円
ストリッピング手術  費用4万 ~ 6万円弱
弾性ストッキング(自費)  費用4,000円弱
血管内レーザー治療(自費)  費用18万円から
※3割負担での費用を示しています。
  あくまでも目安としての金額表記になります。


  • 院長 宇藤 純一院長 宇藤 純一

二次元バーコード

熊本血管外科クリニック2次元バーコード