文字サイズ

エトウナイカジュンカンキナイカ

えとう内科・循環器内科

生活習慣病の診療を行っております。
禁煙治療の外来有

お電話はこちら

0952-33-8177

  • えとう内科循環器内科
当院は、平成22年10月18日、
「江頭内科循環器内科」より
「えとう内科循環器内科」へ名称変更し、
現在地へ移転開院いたしました。
これまで、かかりつけ医として
患者さんとの距離が近い診療を
心がけてまいりましたが、

今後も地域の皆さまのお役に立てるように
努力してまいります。
  • 院 長院 長
  • 待合室待合室
  • 診察室診察室

詳細情報

内科一般
生活習慣病(高血圧症、糖尿病、コレステロールなどの
脂質異常症)を中心とした診療を行っています。

循環器内科
心臓病の診療にも力を注いでいます。
動悸・息切れ・胸痛などの症状がある方は、
不整脈・狭心症などの疑いがありますので、詳しい検査を行います。

その他
睡眠時無呼吸症候群・動脈硬化の検査を行っています。

禁煙外来
タバコの煙には、4,000種類以上もの化学物質が含まれています。
そのうち、発がん性物質は、なんと60種類。
禁煙補助剤を用いた禁煙外来を行っています。健康保険が適応されます。


Q and A ~よくある質問です~

Q 糖尿病とは?

A 食べ物に含まれるブドウ糖は体内に取り込まれると、エネルギーとして利用されます。
 しかし、インスリンの作用が弱いとブドウ糖(血糖)を上手く利用できず、
 血糖値が高くなります。このような状態が続くと様々な合併症を発症します。
 糖尿病と診断された人は、定期的に医療機関で受診してください。


Q 糖尿病にならないためには?

A
糖尿病の発症自体を防ぐことを、糖尿病の一次予防といいます。

 1、バランスのとれた食生活 (総エネルギーと脂肪の摂取量に注意)
 2、夜食をしない、間食をしない
 3、アルコールはほどほどに
 4、適正な体重の維持
 5、毎日の食後の歩行(30分位)
 6、ストレスの解消
 7、禁煙または節煙

 食事に関して、「多く食べればよいもの」という考え方はあまりありません。
 摂取エネルギー(カロリー)がオーバーにならない、脂肪をとりすぎない、
 食物繊維をしっかりとる、規則正しい食生活を守る、
 多くの品目をバランスよくとる、などが大切です。


Q 心臓ドックとは?

A 心臓ドックでは、動脈硬化の危険因子、全身の動脈硬化の度合い、
 あなたの心臓などの現状を総合的に評価します。
 一般的な健診で実施する心電図や胸部X線に加え、
 心臓ドックではより精密に検査を行います。
 50歳を過ぎたら、一度心臓ドックを受診してみてはいかがでしょうか。
 高血圧、糖尿病、喫煙などの危険因子があるなどのハイリスク群に当たる人は、
 心臓ドックを一度受診してみることをおすすめします。


Q 禁煙治療は健康保険等が使えるのですか?

A 下記の要件を全て満たす方は、禁煙治療を健康保険等で受けることができます。

 ・ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)で5点以上
 ・[1日の喫煙本数×喫煙年数]が200以上
 ・1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
 ・禁煙治療を受けることに文書で同意(サインなど)


Q 禁煙治療ではどんな薬を使うのですか?

A 「ニコチンパッチ」、「ニコチンガム」、「ニコチンを含まない飲み薬」の3種類があります。
 ニコチンパッチは、1日1回皮膚に貼る薬で、医師の処方が必要な種類もあります。
 ニコチンガムは、タバコを吸いたくなったときにかみます。かみ方は普通のガムと違うので、
 注意が必要です。ニコチンを含まない飲み薬は、通常1日2回(飲み始めの3日間は
 1日1回)服用します。医師の処方が必要です。


 その他 健康相談もお気軽に。

二次元バーコード

えとう内科・循環器内科2次元バーコード