文字サイズ

アラキホームクリニック

あらきホームクリニック

在宅療養支援診療所、内科、消化器内科(鼻から胃カメラ)

お電話はこちら

092-292-5407

当クリニックは、粕屋町内橋、流通センター近くに開院した
“家で暮らす、家に帰る”を目指した在宅医療専門クリニックです。
24時間体制の訪問診療と往診を行い、在宅看取りに力を入れています。
外来は、消化器内科を中心とした予約制で、
平日の昼休みにも受診できます。
鼻からの胃カメラ検査を行っています。

  • 鼻から楽に胃カメラ鼻から楽に胃カメラ
  • うどんの太さくらいうどんの太さくらい

詳細情報

あらきホームクリニックの2つの特徴
1.在宅医療
在宅医療は定期的にご自宅に伺う訪問診療と
24時間体制の往診で成り立っています。
病気としては、末期がん、脳梗塞後遺症、認知症、
骨折後、寝たきり、神経難病(パーキンソン病など)、
慢性肺疾患(在宅酸素療法)などの方が対象に
なります。
病気以外にも様々な状態、一人暮らし、介護力不足
などで外来通院が困難な方の在宅医療を行っています。
特に末期がんの方の苦痛をとる緩和医療や、住み慣れた家で
最期の時を迎えたい方のために在宅ホスピスや在宅看取りに
力を入れております。


2.内科外来、胃カメラ専門
消化器内科専門医として経鼻内視鏡(鼻から入れる
胃カメラ)に当初から関わってきました。
以前は鼻から入れる胃カメラといえば苦痛の少ないこと
だけが注目されていましたが、最新の機器は画像が
飛躍的に進歩しており、見落しの少ない優れた検査に
なりつつあります。
鼻から入れる事が不安な方はもちろん口からの検査も
可能です。お昼休みしか受診ができない方、胃の調子が悪い方や
検診のバリウム検査で胃の異常を指摘された方など、
ぜひお気軽にお電話にてご相談ください。



【院長】 荒木 譲
平成2年九州大学卒業 医学博士
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医


◆略歴◆
・平成2年 九州大学卒業。
・主に九州大学で消化器疾患の臨床と研究に従事。
・米国国立がんセンター留学後、福岡東医療センター、
 原三信病院に勤務。
・平成20年9月より志免町で志免総合診療所消化器内科を
 開業し在宅医療を始める。
・5年間で訪問患者168人、
うち死亡患者90人(うち在宅看取り53人)の方と関わる。
平成26年1月より粕屋町にあらきホームクリニックを開業。
  • 院長院長
  • スタッフと往診車スタッフと往診車
  • 病院外観病院外観

二次元バーコード

あらきホームクリニック2次元バーコード