土地家屋に関するお悩み、ご相談ください

たとえばこんなお悩み…
隣家との境界がどこなのかわからない
農地を宅地に変更したい
現在の平面図が欲しい
法務局の公図が実際の土地と違う
相続した土地を分けたい
などなど、土地家屋でお困りのことは土地の登記は専門家にお任せください。

土地や建物の登記と一口に言っても、その内容は様々です

土地を二つに分ける場合…「分筆登記」
農地から宅地へ変更する場合…「地目変更登記」
登記簿の面積を訂正する場合…「地積更正登記」
地図が間違っている場合…「地図訂正」
住宅を新築した場合…「建物表題登記」
マンションを新築した場合…「区分建物表題登記」など
家を増築・改築した場合…「建物表題変更登記」
建物を取り壊した場合…「建物滅失登記」


これらの登記をご自身でやるとなると、非常に手間がかかります。
土地・建物の登記は竹村克彦土地家屋調査士事務所にお任せください。

土地家屋調査士の業務、実は税金にも関わってきます

土地家屋調査士というと、あまり馴染みがないかもしれません。業務内容のひとつは、不動産登記の表題部に関わる仕事。表題部には、土地がどこにあるか、使用目的、面積等が書かれており、その部分の登記を行います。例えば、土地の使用目的によって税金が変わってくるため、とても重要な部分なのです。

近隣トラブルを未然に防ぐために

土地等を売買する時、測量したり、境界線を画定させて、実測面積を算出していくのも大切な業務のひとつ。実際の土地と登記簿上の面積が異なるというケースも実は多くありますので、隣接している土地の所有者の立ち合いのもと、境界線を画定することで、トラブルを未然に防ぐことになります。

ほかの専門家とも連携。お手を煩わせません

不動産の利用や処分に関して、土地家屋調査士以外の資格を要する手続きや設計施工の業務につきましても、安心してお任せください。当事務所提携の専門家と連携してお世話をいたしますので、ご依頼主さまの手を煩わせることなく、スムーズに対応することが可能です。

土地・不動産のことは土地家屋調査士にお任せください

土地家屋調査士の仕事は現場の立会・測量・杭打ち作業などの肉体労働を伴う一面と、
官公署の調査・打ち合わせ、また測量成果の計算・作図、また申請書類の作成等のデスクワークや、地権者等への説明など多岐に渡ります。
私の事務所にある依頼の多くは、土地の境界に関わる案件です。
ご承知のとおり、この問題では人の本性が垣間見えることも多々あり、精神的に辛い事はしばしばですが、だからこそ大切な役目を担っているのだと認識しています。
紛争になるような事例の大半は、感情問題でもめているようなので、円満解決にいたることはなかなか難しいです。
土地家屋調査士には仲裁の権限がないため、紛争にまで発展してしまうと解決できなくなります。
そこで、十分な調査と丁寧な説明で当事者に納得してもらい、誰もが余分な負担を背負いこむことのない結果となるよう心がけています。

土地不動産のことは、専門家である土地家屋調査士にお任せください。

お電話はこちら

088-826-0512

まずはお気軽にお問い合わせください。
竹村克彦土地家屋調査士事務所
088-826-0512
高知県高知市丸ノ内2丁目5-14-3F