文字サイズ

オオノカイハツカブシキガイシャ/オキャクサマソウダンダイヤル

オオノ開發株式会社/お客様相談ダイヤル

木造家屋から高層ビルまでお客様のあらゆるご要望にお応えします

お電話はこちら

0120-504177

「安全」「環境」「スピード」を追求
事前調査、周辺環境対策、工事中の安全対策、そして丁寧かつスピーディな施工により
完了後お客様が納得いく引渡
解体規模の大小に関わらず、私たちは徹底してそれにこだわります。


昨今のアスベスト・汚染土壌問題等にも対応可能な態勢を整え
安心してお任せ頂けます。

イチオシ情報

オオノ開發の解体POINT をご紹介
Point1. 現地調査・打合せをしっかり行い、近隣の皆様への配慮も怠りません
Point2. アスベスト・土壌汚染問題にも対応可能です
Point3. 廃棄物は自社運搬、自社の処理施設で適正処分。PCB廃棄物もお任せ下さい
Point4. 一貫工程で請負ます。他社よりも工期短縮が可能です
見積り、相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください
0120-504177

  • オオノラボ(環境科学研究センター)オオノラボ(環境科学研究センター)
  • 複合処理施設(フレップとうおん)複合処理施設(フレップとうおん)
  • 本社社屋本社社屋

詳細情報

事 業 紹 介

解体業務
オオノ開發の解体工事は、常に「安全・環境・スピード」を追求しています。
解体技術のノウハウ(人)と、環境とニーズに配慮した最新技術(重機)の
導入・配備により、あらゆる現場で皆様のご要望にお応え致します。

運搬業務
自社解体工事現場をはじめ、幅広い分野から排出されるあらゆる廃棄物を、
その量や性状に合わせた様々な車種を揃え、当社の処理施設まで収集・運搬致します。
迅速、正確、そして責任ある総合運体制を整え、昨今の大規模災害時には
復旧の鍵となる大量の災害ごみを県内外から運搬しました。

処分業務
通称名「フレップとうおん」は、弊社が目指す“持続可能な循環型社会の実現に向け
廃棄物処理技術に磨きをかける”あらゆる処理施設が集約された敷地面積約500
ヘクタールの複合処理施設の愛称です。
(フレップ=Future(未来) Recycle(リサイクル) Plant(プラント)の頭文字をとった
造語≒“再び資源を未来へ”という意味)
ここでは、低濃度PCB廃棄物や汚染土壌の処理施設も併設され、全国各地からの
受け入れ体制も整っています。

分析業務
平成21年にフレップとうおん内に設立された「環境科学研究センター」。
計量法に基づく計量証明事業の登録を行い、大気、水又は土壌中の物質の濃度に
係る事業を実施しております。そのほか、アスベスト調査・分析や、土壌汚染対策法に
基づく土壌調査を行う指定調査機関としても、解体工事等関連部門と連携した業務を
行います。



主 な 事 業 所

[ 本 社 ]
〒791-0242 愛媛県松山市北梅本町甲184 番地
[フレップとうおん(東温事業所)]
〒791-0321 愛媛県東温市河之内乙825 番地3
[太山寺事務所]
〒799-2662 愛媛県松山市太山寺町1574 番地1
[水泥事務所]
〒791-0244 愛媛県松山市水泥町1282 番地1
[東予営業所]
〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲2203 番地4
[培土事業所]
〒794-0032 愛媛県今治市天保山町6 丁目7 番地3
[オオノ・ラボ(環境科学研究センター)]
〒791-0321 愛媛県東温市河之内乙858 番地2
[東京支店]
〒105-0004 東京都港区新橋2 丁目16-1 ニュー新橋ビル10F 1001 号
[大阪支店]
〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3丁目6-6 船場エコービル2F

  • 一般家屋(木造)解体一般家屋(木造)解体
  • RC 造(鉄筋コンクリート)解体RC 造(鉄筋コンクリート)解体
  • 大規模構造物解体大規模構造物解体

二次元バーコード

オオノ開發株式会社/お客様相談ダイヤル2次元バーコード