文字サイズ

ハナミズキガンカ

はなみずき眼科

厚生労働省先進医療認定施設
あなたの大切な目の健康を守ります。

お電話はこちら

089-958-8822

白内障・多焦点眼内レンズ手術・眼瞼けいれん、顔面けいれん(ボトックス注射)・
まぶた疾患(眼瞼下垂、内反症)・緑内障
網膜硝子体疾患・眼精疲労・結膜炎・ドライアイ・飛蚊症等々

はなみずき眼科では先進の設備と技術によって患者様のニーズに合う
オーダーメイドの高度眼科医療を提供することをお約束いたします。

最新のお知らせ

当院は、白内障手術と眼瞼手術を専門としています。
愛媛県でいち早く第二世代前眼瞼部光干渉断層装置(CASIA2)を導入し、さらに3焦点
眼内レンズ(FineVision)、焦点深度拡張眼内レンズ(MiniWell)などの最新型多焦点
眼内レンズを使用することにより、より良い視機能の回復に努めます。また、眼瞼下垂や
内反症などのまぶた疾患においてもそれぞれの患者に合う適した治療を提供いたします。

  • 待合室:色調の調和された快適な受診環境です待合室:色調の調和された快適な受診環境です
  • 検査室:最新機器を完備し正確に検査を行います検査室:最新機器を完備し正確に検査を行います
  • 最新型光干渉断層計:緑内障、網膜疾患の極早期診断可最新型光干渉断層計:緑内障、網膜疾患の極早期診断可

詳細情報

ごあいさつ
よりよく楽しく生きていくために、よりよく見えることはとても大切なことです。
人は人である限り、常に五感を刺激することにより、
脳に活力を与え、それが体へと伝わっていきます。
目は小さな臓器ですが、多くの情報を脳に送りこむ大きな役割を担っています。
目を大切にしましょう。
はなみずき眼科は、あなたの大切な目の健康をお守りします。

診療内容
* 一般眼科
* アレルギー性結膜炎
* ドライアイ
* 眼精疲労
* 白内障
* 緑内障検診
* 網膜硝子体疾患
* 糖尿病網膜症
* 加齢性黄斑変性症
* 眼瞼内反症
* 眼瞼下垂
* 流涙症
* 各種コンタクトレンズ
* メガネ処方など

…以下の疾患診療に力を入れています
* 白内障手術
* 多焦点眼内レンズ手術(先進医療)
* 眼瞼下垂、眼瞼内反症
* 眼瞼けいれん、顔面けいれん(ボトックス注射)
* 眼精疲労
* コンタクトレンズ
* オルソケラトロジー(近視矯正、自費診療)
* 緑内障
* 網膜硝子体疾患
* 一般眼科

●先進医療認定施設
(多焦点眼内レンズ手術 先進医療適用(混合診療) 自己負担費用(片眼)37.5万円)

最新型の眼調節機能測定装置AA─2を県内いち早く導入、
眼精疲労を定量的に評価できます。
(平成27年8月当院調べ)

詳しくは当院ホームページ「診療内容」をご覧ください
http://hanamizuki-eye-clinic.jp/

◆ 自費診療 ◆

オルケソラトロジー
夜レンズを装用して就寝、翌日裸眼で生活できます。

治療法
一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間に特殊な形状をしたレンズを装用する事です。
角膜の形状が正しく矯正され、朝レンズをはずしてもその角膜形状が維持されている間は、
裸眼で過ごすことができるという、新しい視力矯正法です。

リスク・副作用
コンタクトレンズの洗浄を十分に行なわれていない場合や、
レンズケースの清潔が保たれていない場合、角膜感染症を起こすことがあります。

目の状態に応じて、3ヶ月毎の定期診療を受けていただきます。

料金
初年度は両眼21万円(税込)、次年度から更新料年間2万5千円です。レンズ代、検査料を含みます。

クロスリンキング治療(円錐角膜進行防止)

治療法
角膜にリボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら365nmの波長の紫外線を角膜に照射すると、
角膜の大部分を占める実質コラーゲン繊維が架橋(クロスリンキング)されます。
これにより角膜の強度が強くなり、
今の角膜形状を保持して円錐角膜や角膜拡張症(エクタジア)の進行を抑えることができます。

リスク・副作用
角膜が薄い場合は適応外になることがあります。

料金
片眼 16万円(税別)

多焦点眼内レンズ手術 先進医療適用(混合診療)

治療法
白内障手術の時に、濁った水晶体の代わりに目の中にいれる眼内レンズの1つです。
2008年に“多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術”が先進医療として承認されました。
当院は、先進医療の実施施設として厚生労働省から認定を受けています。

リスク・副作用
コントラスト感度の低下・夜間のハロー・グレア

料金
先進医療適用(混合診療) 自己負担費用(片眼)37.5万円


診療医師プロフィール
院長  五藤 智子【ごとう ともこ】
・医学博士、日本眼科学会認定 眼科専門医、指導医
・愛媛大学非常勤医師
・日本眼科学会、日本角膜学会、日本コンタクトレンズ学会、
 American Academy of Ophthalmology(AAO) など

平成5年  愛媛大学医学部卒業 愛知県公立陶生病院研修医
平成7年  愛媛大学医学部眼科入局
平成10年 アメリカルイジアナ州立大学医学部LSU Eye Center 留学
平成18年 鷹の子病院 眼科
平成25年 愛媛大学 眼科
その他勤務病院:県立今治病院、別所眼科、幸塚眼科(現岡本眼科クリニック)

非常勤医師 鄭 暁東【てい(ぜん)しゃおどん】
・愛媛大学医学部地域眼科講座 准教授
・医学博士、日本眼科学会認定 眼科専門医、指導医
ボトックス療法認定資格医(眼瞼けいれん、顔面けいれん)

・日本眼科学会、手術学会、日本白内障屈折矯正手術学会、眼形成再建外科学会、
 涙道学会、角膜学会、 眼感染症学会、
 Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)、
 Asia-Pacific Society of Ophthalmic Plastic and Reconstructive Surgery
 (APSOPRS/アジア太平洋眼形成再建外科学会)、
 American Academy of Ophthalmology、中華眼科学会などに所属
  • 視野検査室:緑内障早期診断に威力発揮視野検査室:緑内障早期診断に威力発揮
  • レーザー治療室:多数最新装置を導入レーザー治療室:多数最新装置を導入
  • 多数最先端手術装置を導入、安心、安全な手術を実現多数最先端手術装置を導入、安心、安全な手術を実現

二次元バーコード

はなみずき眼科2次元バーコード