プラセンタ療法(注射)のご紹介

お肌をワントーン明るく!透明感のあるお肌に。

からだや心に不調を感じるとき・・・実はこんなときこそ試したいのがプラセンタです

このような症状に
眼精疲労、老化、肩こり、冷え性、自律神経失調症、便秘、肝炎、アトピー性皮膚炎、更年期障害、脱毛症、生理不順(生理痛)など

美容に
ニキビ、肌荒れ、シワ、美白効果、乾燥肌 など

ぜひお気軽にご相談ください。

プラセンタ治療方法について Q&A

どうやって治療するの?
皮下または筋肉内にプラセンタを注入します。
プラセンタ(胎盤)から抽出されたエキスの有効成分を、皮下または筋肉内に注入します。
肝機能障害等の治療薬として数十年の実績があり、大きな成果を上げていますが、特別な副作用がみられない非常に信頼性の高い薬です。
治療期間と治療回数は1週1~2バイアル注射を継続して施行できます。

~プラセンタに含まれる成分~
3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質はもちろん、各種ビタミン、ミネラル、酸素、核酸などの生理活性成分を豊富に含みます。
体をつくり上げる役割を担うプラセンタには生きていくために必要なほぼすべての栄養素が備わっています。
~医療機関におけるプラセンタ収集~
製品の原料は、全て日本全国の医療機関からHBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)、HIV(後天性免疫不全症候群)等に
感染していないかを問診や検査により確認された健康な産婦からの満期正常分娩の胎盤(プラセンタ)のみを、同意を得た上で収集しています。

 

費用はどれぐらい?
1バイアル皮下注射が1,000円です。

どれくらいで効いてくるの?
プラセンタ注射を1回行ったときの効果の持続時間は、約3~4日です。
症状によって違いますが、おおよそ2〜3回の治療で効果を実感できる人が多いようです。

リスク・副作用は大丈夫?
注入量が多くなると注射時に痛みがあります。
注射をした後にアレルギー症状がでたり、ニキビ、吹き出物、発熱したりするなどの症状がでる場合があります。
しかし、こうしたプラセンタの副作用といわれるものの多くは体質が改善されるときや
代謝がよくなって毒素や老廃物が排出されるときにでてくる好転反応と呼ばれるものがほとんどだと言われています。
これまで、重篤な副作用の報告はありませんので安心してください。

 

初めてのご来院でも相談しやすい皮フ科鈴木クリニックです。
肌の専門家である私達がじっくり伺います

お電話はこちら

0898-25-1200