環境にもお財布にも優しい住空間づくりを
お手伝いします!

 

オール電化住宅について

オール電化とは、キッチンやお風呂を中心に、住宅の熱源全て(キッチン・給湯・空調など)の光熱費を電気に一本化することです。
ガスや灯油を使用しないため、安全面での安心感もあり、光熱費の節約だけでなく、CO2排出量も大幅に削減することが可能です。
<オール電化の特徴>
◆キッチン
IHクッキングヒーター
 IHクッキングヒーターは、電磁線を使った調理器具で、電磁波により鍋やフライパンを振動させて加熱します。
◆給湯
エコキュート
 エコキュートは、貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットで構成されていて、深夜の時間中に運転開始し、貯湯タンクの中にお湯を貯めるタイプの給湯器です。
◆暖房
床暖房
 床暖房は、床下に熱源を設置し、床全体を温める暖房システムです。
蓄熱ヒーター
 ご家庭に蓄熱用のヒーターを設置することで、電気代が安い深夜電力を使い、ヒーター内に熱をためておくことができる暖房システムです。

オール電化住宅にするメリット

1 電気に一本化することで光熱費を抑えられます。
2 安い深夜電力を利用できるため電気代が節約できます。
3 火災の危険性が低いので火災保険の割引を受けられます。
4 震災の時も復旧が早く、災害時は給湯器で貯めた水やお湯を生活用水として
  利用できます。
5 火を使わないので、お子様からご年配の方についても、安心、安全です。

もっと詳しく知りたい方はシミュレーションもできますので、是非お問い合わせください。

オール電化住宅工事

オール電化住宅の設備には、IHクッキングヒーターや、エコキュート、蓄熱ヒーターなどがあります。
そして、オール電化にするために次のような工事が必要となります。
1.100Vから200V(ボルト)へ
  200V機器を使用するには、200Vの配線工事が必要となります。
 多くの場合、200V配線は家の中まで来ていますので、基本的には分電盤から機器までの配線工事で済みます。
2.アンペアブレーカーの交換
  現在設置しているものが使えない場合は、アンペアブレーカーを交換する必要があります。
3.漏電遮断機の交換
  オール電化の機器にあった漏電遮断機に交換する必要があります。
4.引込み線の増強
  容量を増やすため、引き込み線を太くする必要がある場合があります。

よくあるご質問

家庭用蓄電池でさらに光熱費をカット!災害時の備えにも。


家庭用蓄電池が普及し始めた理由
1 節電効果
2 停電時の電源として使用できる

蓄電池は、エネルギーを「創る」「貯める」「効率よく使う」を実現する、新たな住宅のかたちとして注目を集めている
「スマートハウス」の中核をなすシステムです。

エネルギーを自給自足することで、さらに光熱費をカット。

また、災害時、停電時も利用できる点も魅力です。
地震や台風などの予測できない自然災害に対して、近年はとても防災意識が高まってきています。
さらに、小さなお子様やお年寄り、病気を抱えた方がいらっしゃるご家庭では電気は重要なライフラインといえますので、
蓄電池は、もしもの時に貯めた電気を使うことができるので安心です。

蓄電池の「押し上げ効果」
深夜帯に予め買電した電気を蓄電池に貯めておき、昼間は蓄電池に貯めた安価な電気を使用。
太陽光発電システムで発電した電気はできる限り売電に回し、売電収入を増やします。
このように深夜帯に買電した電気を蓄電池に貯めることで、売電量を増やすことを「押し上げ効果」と言います。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お電話はこちら

0120-402398

一般家庭から、企業・お店まで
修理から工事まで アフターメンテナンスも万全です!
電気工事に関すること何でもご相談ください。
株式会社 武智電器商会
〒790-0924
愛媛県松山市南久米町671-2
0120-402398
089-970-0473 (FAX)
HPはこちら→http://takechi-denki.com