文字サイズ

オオスギノウシンケイゲカイイン

大杉脳神経外科医院

■脳神経外科■リハビリテーション科

お電話はこちら

0877-63-5566

  • 大杉脳神経外科医院
医療と介護の連携で在宅復帰をサポート
早期認知症外来

土曜日も6時まで診療
尽誠学園より1KM南

お知らせ

2019年4月から大杉聡宏医師が復帰

私は麻酔科専門医(ペインクリニック内科)ですが、この3年間は香川労災病院で糖尿病を中心に腎臓/消化器/循環器内科、救急の仕事に従事し、特に多くの糖尿病患者様に対しその方に合った治療法を選択し診療にあたってきました
今後は当院の一般診療に加え内科系疾患も診させて頂く所存です。血圧・脂質・血糖値などの異常を指摘された際には気軽に受診して下さい
宜しくお願いします

大杉聡宏

  • スタッフ全員による情報共有と治療スタッフ全員による情報共有と治療
  • 物理療法機器などを設置したリハビリセンター物理療法機器などを設置したリハビリセンター
  • 入院中は一日の大半をリハビリ室中心に過ごします入院中は一日の大半をリハビリ室中心に過ごします

詳細情報

寝たきりをつくらない医療を目指して。
介護との連携で在宅復帰をサポート。


○リハビリテーションを軸に診療・治療を実施
「寝たきりをつくらない」を合言葉に、入院・外来においての
『医療リハビリ』、また退院後介護指導を含めた機能維持・介護量軽減のための
『介護リハビリ』も行っています。

○早期認知症外来、頚こり・肩こり病にも対応
認知症の早期発見のため、認知症に対応した治療を行いながら
生活指導と介護面を含め包括的に対応しています。
さらに頚性神経筋症候群(頚こり・肩こり病)の診断・治療も行っており、
県内外から患者さんが来院しています。

○医療、介護・社会福祉、家庭の
  三位一体の治療体制整備を重視

  1)包括的診断を重視
  画像診断を含め、治せる認知症を見逃がさない。
  問診(家族情報)、診察所見、諸検査などを含めた包括的診断を重視

  2)家族への啓発に時間をかける
  認知症への理解、家庭でのケアや介護保険制度の利用法なども説明

  3)三位一体の体制
  医療、介護・社会福祉、家庭の一体的な体制づくりを意識



◎診療科目

 脳神経外科・リハビリテーション科・内科
 糖尿病内科・ペインクリニック内科、麻酔科(大杉聡宏)

◎リハビリテーションの施設基準
 運動器リハビリテーション(I)
 脳血管疾患等リハビリテーション(II)理学療法士7名、作業療法士3名(平成27年6月現在)
 急性期、回復期、維持期リハビリテーション可能

◎診療時間
 午前9:00~12:00
 午後3:00~ 6:00

◎休診日
 日曜日・祝祭日・木曜日午後・8/15・12/31~1/3

◎院長
 大杉 保
 脳神経外科専門医
 日本東洋医学会認定漢方専門医
 医学博士

◎副院長
 大杉 敦彦
 リハビリテーション科専門医
 認知症サポート医

大杉 聡宏
 麻酔科専門医
 内科・糖尿病内科を専門

◎往診可

◎予防接種
 インフルエンザ
 肺炎球菌
 帯状疱疹


<認知症や頚こり病も包括的にケア>
・認知症に対して早期発見、治療
・頚性神経筋症候群(頚こり・肩こり病)


【介護サービス】
・居宅介護支援:大杉脳外科指定居宅介護支援事業所
・訪問看護
・訪問リハビリテーション
・通所リハビリテーション:大杉脳外科デイケアセンター


・住宅型有料老人ホーム「まおの里」
・デイサービス「まおの里」
・グループホーム「まおの里」
・小規模多機能「まおの里」



詳しくは当院ホームページをご覧下さい。
http://osugi.byoinnavi.jp/

二次元バーコード

大杉脳神経外科医院2次元バーコード