文字サイズ

モリシゲセイケイゲカ

森重整形外科

●リウマチ科
●整形外科
●リハビリテーション科

お電話はこちら

0836-35-7060

一人ひとりにあった医療を
●リウマチ科
●整形外科
●リハビリテーション科


患者さんと同じ目線で、一人ひとりにあった医療を受けていただけるよう、
スタッフ一同心がけています。
一般整形外科疾患はもとよりスポーツ障害や外傷に対しても
治療から復帰まできめ細やかなリハビリテーションを行っています。

詳細情報

【診療科目】
整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科

【医師名】
森重 登志雄
(社)日本整形外科学会 整形外科専門医
(社)日本リウマチ学会 リウマチ専門医

■整形外科
整形外科は骨・関節・筋肉・神経などからなる運動器の疾患(病気)や外傷(ケガ)を扱います。
外傷(ケガ)とは打撲、捻挫、脱臼、骨折などのことで外力により生じます。治療はRICEといわれる初期治療が重要です。又外傷の内容や程度により手術が必要なこともあり、しかるべき病院に紹介することも大切です。

疾患(病気)として先天性の奇形や腫瘍など特別なものもありますが、ほとんどは炎症や加齢により、四肢(手、足)や体幹(背骨)に疼痛(痛み)が生じるものです。代表的な病気として、変形性関節症や、腰痛症、五十肩などがよく知られています。
治療の基本は疼痛(痛み)をとることで、薬剤(お薬)や注射やリハビリを組み合せて行います。

■リウマチ科
関節リウマチは関節痛や関節の腫張(はれ)、関節の変形を主な症状とする膠原病(自己免疫疾患)の代表的な病気です。病因は不明ですが、感染説(細菌、ウイルス)が考えられており、遺伝因子や環境因子が関与して免疫異常を起し関節炎をおこすと考えられています。
治療は薬物治療が主体で抗リウマチ剤を中心とした専門的治療が大切です。
変形や痛みが強い関節には手術(人工関節など)を要することもあります。

■リハビリテーション科
リハビリテーションとは、病気やケガにより、運動器の機能障害を来した患者さんに、医学的治療や理学療法(物理療法や運動療法)を行います。まず痛みをとり、さらに障害を取り除いたり、残された能力を最大限に引き出したりして患者さんのより良い日常生活を可能とすることを目的としています。
治療方法としては物理療法(温熱、索引、電気刺激)や運動療法(可動域訓練、筋力訓練)又作業療法(日常生活訓練)などを行っています。又場合により装具による治療も行います。いづれの場合でも患者さんのモチベーション(やる気)が大切です。

※リハビリテーション科の診療時間
午前 8:45~12:30
午後 14:00~18:00

二次元バーコード

森重整形外科2次元バーコード