文字サイズ

サッカセイケイゲカクリニック

さっか整形外科クリニック

山口市 ◆整形外科 ◆リハビリテーション科 ◆リウマチ科

お電話はこちら

083-976-8888

すべての患者さんに対して、丁寧な診察に基づいた
最も適した医療を提供することをモットーとします。
  • [ 院長 ] 医学博士 目 昭仁[ 院長 ] 医学博士 目 昭仁

詳細情報

日本整形外科学会認定整形外科専門医
院長 医学博士 目 昭仁 (さっか あきひと)

≪ 診療科目≫
整形外科
リハビリテーション科
リウマチ科


整形外科の健康相談
打撲、捻挫、骨折、脱臼、筋肉、腱の損傷、切り傷等の外傷の治療
腰・膝・足関節の健康相談
交通事故によるむち打ち・打撲の治療
骨粗鬆症検診、治療(骨塩定量検査)
スポーツ外傷、スポーツ障害の予防、治療
スポーツ体力指導 筋力強化指導 健康運動の指導
関節リウマチの薬物療法・理学療法・健康相談
ストレッチ指導
運動器リハビリテーション



| リハビリ
医師の診断に基づき、理学療法士・作業療法士が体の状態や筋肉、関節の動きに合わせたプログラムで、最適なリハビリを行います。
リハビリの専門的な設備だけでなく、治療のプロセスを大切にし、心に寄り添うような対話の中で患者様が安心してリハビリに取り組めるような環境づくりを心がけます。



| 急性期疾患
外傷(打撲、捻挫、骨折、脱臼)全般、スポーツ外傷、交通事故、急性腰痛等
当院では、急性期の疾患を、可能な限り迅速に症状を和らげることを心掛けます。


| 骨粗鬆症の健康相談
高齢の方(特に女性)には、早期に骨密度の測定を行い、骨の健康の程度を説明させていただきます。治療及び予防(骨折)の面から考えて必要と思われる加療をなるべく迅速に行わせて頂きます。

| 変形性関節症の健康相談
整形外科慢性疾患の中では、最もポピュラーな疾患と思われます。特に変形性膝関節症で歩行等を含めた日常生活に何らかの支障を生じている方は多く見られます。山口大学医学部附属病院にて膝関節部門を専門にさせていただいた経験をもとに、各々の患者さんの症状、変形の程度に最も適した治療を提供させていただく所存です。

| 関節リウマチの健康相談
現在、関節リウマチの有病率は、日本全国で70~80万人と言われています。最近の医学の進歩により、以前の関節痛に対する対症療法だけでなく、早期治療開始による症状、変形の予防が徐々に可能となってきています。山口大学医学部附属病院リウマチ専門医とも連携をとりながら、最新・最適な治療の提供を心掛けます。

★ロコモ予防★
日本整形外科学会では、若い人に対しても、早めにロコモ予防を開始することを推奨するため、その判定基準となるロコモ度テストを提唱しています。
ぜひ一度、自分のロコモ度を確認し、自分の身体能力を客観的に評価することをお勧めします。

さっか整形外科クリニック
083-976-8888
(〒754-0002)山口県山口市小郡下郷矢足2220-1

二次元バーコード

さっか整形外科クリニック2次元バーコード