文字サイズ

マツモトガンカ

まつもと眼科

下関市東駅の眼科
まつもと眼科

お電話はこちら

083-228-5555

  • まつもと眼科 日帰り手術
  • まつもと眼科 駐車場
  • まつもと眼科 院内の様子
日帰り白内障手術はまつもと眼科へ
下関市東駅の「まつもと眼科」は、白内障手術、緑内障手術、黄斑の手術、レーザー治療、まぶたの手術などを行っている眼科です。
従来入院が必要とされてきた手術も、日帰りで対応しております。
  • 受付受付
  • 待合室待合室
  • 視力検査室視力検査室

詳細情報

日帰り白内障手術はまつもと眼科へ
下関市東駅のまつもと眼科は、白内障、緑内障、黄斑、眼瞼下垂など各種眼科手術を行っております。
従来入院が必要とされてきた白内障の水晶体再建術も、日帰り手術が可能ですので、県内各地や北九州エリアからもご来院いただいております。

*厚労省認定の「先進医療を実施している医療機関」として、「多焦点眼内レンズ」を施行するほか、手術が難しいケースにも対応いたします。
多焦点眼内レンズについて詳しくはこちらから

〒750-0046 山口県下関市羽山町4-1

TEL : 083-228-5555

<診療時間>
8:30~11:45
14:00~17:00

休診日/日・祝日、木曜午後、土曜午後
手術日/火曜・水曜午後
※土曜日の不定休と学会などによる休診日がありますので、ホームページの診療カレンダーで確認の上ご来院ください。


患者さん一人ひとりの生活を大切にする医療を
たとえば白内障の場合、車の運転・趣味・家事などどのような場面で視力を必要としているかをもとに診療方針を定めます。

患者さんの負担を軽減する医療を
診療の過程を大事にし、診療により起こってくる様々な負担(精神的、肉体的、時間的、経済的等)をなるべく軽減できるように努力したいと考えています。

内科と連携した眼科治療
目の病気は糖尿病、高血圧などの全身疾患により起こるものが多数あります。内科の先生とも連携して、治療にあたっております。

【診療内容】
白内障手術

多焦点レンズ(先進医療対応)、乱視矯正のトーリックレンズまで対応しております。

網膜硝子体手術(厚生労働省指定の難度の高い手術)
黄斑上膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症、硝子体出血などの手術が日帰りで可能です。

緑内障手術
当院は最新のスーチャートラベクロトミー(目に負担の少ない線維柱帯切開術)を日帰りで施行しております。

レーザー治療
緑内障レーザー(線維柱帯形成)を導入しました。網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞、後発白内障の治療に利用します。眼への負担が少ないので、日帰りの処置ができます。

新しい薬物療法
加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞など今まで薬の治療が難しかった疾患に対して、薬の治療ができるようになりました。

まぶたの治療
特に高齢者の眼瞼下垂、逆まつげ、ものもらい、めいぼなどの手術、眼瞼けいれんに対するボトックス注射ができます。

涙・ドライアイの治療
涙が乾いて目の表面が荒れてしまうドライアイ。点眼治療のほか、内視鏡を用いたチューブ挿入、涙点プラグなどに対応しています。

小児眼科
新生児から学齢期までの時期は、目の機能の発達にとって最も大切な時期です。
結膜炎、ものもらい、めいぼ、斜視、近視、遠視、乱視、弱視などの診療をしています。新しい診断法、治療法も取り入れております。


コンタクトレンズ診療
コンタクトトラブルに対して細かい対応を心がけています。遠近両用コンタクトレンズのサンプルを数多くそろえております。

ロービジョンケア
当院は厚生労働省が認定するロービジョンケアに対応した施設です。
目の病気により視力や視野に障がいが残った方が、できるだけ生活に不自由が少なくなるように、拡大鏡や読書器など補助具の選択などのお手伝いをしております。

【白内障手術について】
◆単焦点レンズは保険適用です。
<手術費用>
1割負担の方は、片眼12,000円程度
2割負担の方は、片眼12,000円程度
3割負担の方は、片眼42,000円程度

◆一方、国内で認可を受けている多焦点レンズの場合は「先進医療」制度の対象になります。
手術自体は、自由診療として自費負担となりますが、手術前や手術後の診察・検査は保険適用となり、患者様の負担が減ります。
<手術費用>
片眼300,000円程度

日帰り手術が可能です。水晶体の中の濁りをきれいに取り除き、残した水晶体の袋の中に人工の水晶体(眼内レンズ)を入れて、視機能の回復をはかる手術です。目薬の麻酔薬で痛みもありません。

<治療期間について>
検査(2ヶ月前~)・術前術後の点眼・術後の通院が必要です。
術後は、翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、4ヶ月後に検査を行います。

<副作用について>
水晶体後嚢が濁る後発白内障が出る場合があります。その場合、レーザーで除去します。

※厚生労働省の認定を受けた医療機関以外では、手術・診察・検査のすべてが自費負担となります。

※国内未承認のレンズを使用する場合、先進医療対象外となります。

※任意保険に加入している方は先進医療特約が使えます。
  • 白内障・硝子体手術装置白内障・硝子体手術装置
  • レーザー光凝固装置レーザー光凝固装置
  • 院長 松本博善院長 松本博善

二次元バーコード

まつもと眼科2次元バーコード