文字サイズ

カンポウヤッキョクテンシンドウ

漢方薬局天心堂

腹診による良質の漢方薬で、
あなたも私と一緒に、治しませんか!

お電話はこちら

084-931-7899

『万病は腹に根ざす』という考えにより、腹診を重要視して漢方薬の処方を決定しています。漢方薬は煎じ薬が一番効果的ですが、毎日煎じるのが大変です。当、天心堂では煎じる手間を引き受けます。好評で岡山・山口の近県はもちろんの事、神戸・大阪・京都遠くは東京・茨城・群馬・長野在住の方々が服用されています。

お知らせ

★★腹診による本物の漢方薬であなたも私と一緒に治しませんか!
毎日漢方薬を煎じる手間を天心堂が引き受けます

◆◆天心堂では、30日分の漢方薬をまとめて漢方煎じ器で煎じて、1日分ずつパックにしたものを提供しています。

※※日々の健康管理のご相談もお気軽にどうぞ。


  • 店主:山本光昭店主:山本光昭
  • 遠方の方でも、お気軽にご相談ください。遠方の方でも、お気軽にご相談ください。

詳細情報

私は、幸運にも東京薬科大学2年時より、故荒木正胤先生の施術を見学し、腹診、脈診法の手ほどきを受けました。3年間の師事を受け漢方医学の本道を学ぶことが出来ました。以来、44年間 漢方一筋に今日までやってまいりました。
私達、荒木流の漢方は、古方派といって、江戸時代に活躍された、漢方医学の革命児、安芸の国の人で吉益東洞の流れを汲む流派です。吉益東洞→尾台榕堂→湯本求真→荒木正胤→現在に受け継がれています。


≪天心堂の漢方施術方針≫
一般的な慢性疾患は、四診(望診、問診、脈診、腹診)によって漢方薬の処方を決めます。基本的には一ヶ月分の漢方薬を、当天心堂で煎じて1日分ずつパックに入れて提供しています。
難病、特殊な疾患、成人病のお客様には、煎じ薬のほかに動物薬である牛黄(ゴオウ:牛の胆石)を中心に、田七人参末と丹参末を混合して併用していただいています。牛黄はその昔(飛鳥時代)から天皇、公家、将軍、大名、大商人に愛用されてきた、大変な高貴薬です。牛の胆石は1000頭に1頭の割合でしか出来ません。
天心堂では、最高品質のオーストラリア産の上玉、上砕きを使用しています。



漢方薬局天心堂
〒720-0067 広島県福山市西町3丁目14-3
TEL:084-931-7899
  • 腹診を重要視して漢方薬を処方します。腹診を重要視して漢方薬を処方します。
  • 煎じ薬を1日分ずつパックにして提供しています。煎じ薬を1日分ずつパックにして提供しています。

動画

二次元バーコード

漢方薬局天心堂2次元バーコード