文字サイズ

ツボイガンカイイン

坪井眼科医院

眼精疲労治療室あり。
広電立町駅より徒歩2分

お電話はこちら

082-227-8676

  • 中区八丁堀の坪井眼科
網膜レーザー治療(網膜光凝固術) 近見反応測定
眼精疲労相談 白内障進行度測定
眼底三次元画像解析 VDT検査

イチオシ情報

◆月曜・水曜・金曜は夜7時まで診療しております。

詳細情報

坪井眼科医院は、眼精疲労治療室を開設しました

 眼精疲労治療室設置の意義 
<坪井式 Asthenoplastic>
眼精疲労は、視覚中心の現代文明の中で、避けて通ることのできない現代病といえます。この現代病を新しいシステムで治療するのが坪井式Asthenoplasticです。OA・FA・HAの浸透によって、潜在患者が急増する眼精疲労に応えることが「眼精疲労治療室設置」の意義であり、眼科医の新しい使命であると確信しています。

 ◆眼精疲労とは…◆ 
目を使う仕事がとても多い世の中です。目の疲労が著しく強い場合、いくら休息しても疲労が十分回復せず、仕事をしていないときでも眼のかすみや痛み、頭痛などが生じたり、肩凝り、胃の不快感、全身のだるさなどを自覚するようになります。こういった症状を眼精疲労症候群と呼び、診断にあたっては眼科的検査のほか、全身疾患の有無などの検査も必要とされます。

 ■眼精疲労治療の上手な受け方■ 
眼の疲れによる
1.充血
2.眼痛
3.眩しくて涙が出る
4.目瞼のケイレン
5.肩こり
6.頭痛
7.ストレス

などの症状に対しては…
週に2~3回の治療を受けると効果が期待できます。
40~50歳の男女の老眼鏡使用においても初期の場合、近点調節回復には、効果がバツグンですので定期的に(週2回程度)は、治療を受けて下さい。


20~30代の人の眼精疲労については、睡眠によりある程度、機能回復も認められますが、調節機能の回復には、よりすぐれた効果を示しますので、疲れを感じたら、すぐ治療を受けて下さい。週に何回でも結構です。

★眼精疲労治療室
ベッド数 7台稼働

082-227-8676

動画

二次元バーコード

坪井眼科医院2次元バーコード