文字サイズ

マキドノホウシャセンカホンイン

槇殿放射線科本院

★乳がん診断・検診★各種画像診断・検診
広島駅より東へ徒歩3分

お電話はこちら

082-263-4392

当院では特に乳がんの早期発見に力を入れています。
当院独自の撮影方法を追加し、精密検査と同等の精度による
検診を行なっています。

イチオシ情報

★放射線科画像診断・内科・腸の健康相談
★乳がんマンモグラフィー検診は、全て女性医師・女性スタッフで行ないます
 豊胸術を受けている場合も検診できます
★乳がん・肺がん・大腸がん検診・骨粗鬆症検診
★各種保険取扱
★広島市、安芸郡乳がん検診・クーポン券による検診の実施医療機関です
★一次検診で精密検査が必要と指示された方の画像精密診断も実施しております

  • 受付受付
  • 待合室待合室
  • マンモグラフィー撮影室マンモグラフィー撮影室

詳細情報

槇殿放射線科本院[乳腺外来]:マンモグラフィーによる乳がんの検診と精密検査では特に「超」早期がんの発見(診断)に主力を注いでいます。

したがって、当院では「乳がん検診」も、精密検査と同等の精度で行われます。

小さいうちに見つかるほど完治する可能性が高まります。
定期的な乳がん検診は早期発見に不可欠です。

また、見つかった乳がんが早期でない場合(サイズは様々)にも、日々の医学の進歩によってその治癒率は確実に向上しています。

“しこり”があると思ったら、慌ててすぐ細胞を取って調べる方法(細胞診)に同意する前に、身体を傷付けることなく高い確率で結果がわかるマンモグラフィーにより、まず良性か悪性かを確認すべきと考えています。

◆豊胸術を受けている場合にも乳がんは等しく発病します。検診は必要です。
◆マンモグラフィー検診は全て女性医師・女性スタッフで行ないます。
◆各種保険取扱い
◆広島市、安芸郡乳がん検診・クーポン券による検診の実施医療機関
◆被爆者健康診断実施医療機関です。乳がん検診も含まれます。

◎各種レントゲン検診・乳ガン検診・免疫リンパ球検診
◎セカンドオピニオンの実施
◎個人検診・企業検診
◎腸の健康相談および腸内洗浄ハイドロ・コロン(詳しくはHP)


■マンモグラフィー(乳房X線撮影検査)について
マンモグラフィーは放射線医学で確立された検査法です。
当院ではまず基本的な4枚のレントゲン写真を撮影し診断します。
そして異常所見(正常を逸脱した所見および乳がんを含む病的所見) がある場合には、その部位をさらに詳しく描き出す撮影法(拡大マンモグラフィー)を追加し最終診断をします。
さらに、乳房MRI検査(MRマンモグラフィー)・PET検査を併用する場合もあります。
1) 撮影装置(機械)
マンモグラフィー(乳房X線撮影検査)は、それ専用のX線撮影装置を使用して行われます。
当院では日本医学放射線学会の認定基準を充たす米国ローラッド社製ローラッド M-IVを設置しています。

2) 撮影方法(レントゲン写真を撮る方法)
通常の撮影では、乳房を上下から挟んだ位置と左右から挟んだ位置での2方向の撮影をします。
乳房を圧迫し、5cm以下の厚さにします。
圧迫することにより乳腺組織が充分に広がり、細かい内部の変化が写しだされるようになります。
所要時間は、通常15~20分です。

3) 読影(診断)
撮影されたマンモグラフィー写真上には、触っただけでは解らないごく小さなしこりや、石灰化像(カルシウム沈着)などの早期がんに特徴的な組織の変化も見つけることが出来ます。
また「しこり」は「腫瘤陰影」として写し出され、その特徴によって良性か悪性(がん等)かの判定も可能です。
診断結果は即日わかります。



◆手術を必要とする場合には、責任をもって医療連携により他医療施設外科への紹介をさせていただいています。
また術後の定期検診もしています。

◆持参されたレントゲン写真の読影のみも行っています。

◆セカンドオピニオンの提供もしています。
  • 乳がん診断・検診、各種画像診断・検診乳がん診断・検診、各種画像診断・検診
  • 広島駅南口より東へ徒歩3分広島駅南口より東へ徒歩3分
  • MAZDAスタジアムより西へ徒歩3分MAZDAスタジアムより西へ徒歩3分

二次元バーコード

槇殿放射線科本院2次元バーコード