文字サイズ

クニトミクリニック

くにとみクリニック

R180号線沿い・JR東総社駅より徒歩3分

お電話はこちら

0866-92-0255

お電話によるお問い合わせ
TEL : 0866-92-0255

お気軽にお問い合せ・ご相談ください。(外来診療時間内でお願いします)
パンフレットもご用意しております。
ご希望の方にはお送りいたします。ご連絡ください。

ホームページをご覧ください。
http://www.kunitomi-clinic.jp/
  • くにとみレディス&マタニティクリニックの外観くにとみレディス&マタニティクリニックの外観
  • 受付スタッフです。お気軽にお問い合わせください。受付スタッフです。お気軽にお問い合わせください。
  • 院長 國富 衛(日本産婦人科学会 産婦人科専門医)院長 國富 衛(日本産婦人科学会 産婦人科専門医)

詳細情報

[ 診療科名 ]
産科 婦人科 小児科 内科

  診療案内  
産科

妊娠初期検査
妊婦健診(里帰り予定の方も可能)
胎児染色体検査(羊水染色体検査、血液クアトロ検査)
胎児超音波検査
2D・4D超音波検査
その他

産科手術
帝王切開術(術後の痛み予防のために硬膜外麻酔を併用します)
流産手術
子宮頸管縫縮術
その他

分娩
試験分娩(前回帝王切開分娩の方の自然分娩)
骨盤位分娩(逆子の自然分娩です)
遠方の方、特別な理由のある方の計画分娩
自然分娩
里帰り分娩

婦人科
子宮筋腫や子宮内膜症に代表される婦人病一般、デリケートゾーンの皮膚病、その他
子宮癌検診(ヒトパピローマウイルス検査)、卵巣癌検診、子宮体癌検診
ブライダルチェック/結婚前検査
(子宮がん検診、子宮卵巣超音波検査、クラミジア検査、淋病検査)
不妊外来(タイミング法、排卵誘発法、ED、精子検査、その他)
男女産み分け外来
性病外来(クラミジア、淋病、梅毒、トリコモナス、外陰コンジローマ、外陰ヘルペス、AIDS検査、その他)
ホルモン外来(生理不順、月経前緊張症、不正出血、過多月経、生理日の調整、その他)
生理痛外来
更年期外来
避妊外来(低用量ピル、緊急避妊ピル、避妊リング、その他)

検査の流れ
妊娠初期の検査(生理予定日から一週間程遅れたぐらいで来院下さい)
採尿室で尿をとっていただき、その尿で妊娠の有無を確認します。
   ↓
超音波検査で赤ちゃんが健やかに育っているか確認します。
   ↓
助産師外来で妊娠初期の注意点などをお話しします。

妊婦健診
受付終了後、採尿室で尿をとっていただきます。その後自動血圧計にて血圧測定・精密体重計にて体重の測定をしていただきます。
   ↓
医師による超音波検査・4D超音波検査は毎回無料て行っています。かわいい赤ちゃんの写真は毎回無料で差し上げています。(USBメモリへの記録は有料)
内診は初回妊婦検診時・妊娠20~24週時・28週前後・32週・36週時に行っています。
ただ、何か気になる場合には、週数に関係なく内診をさせていただきます。
   ↓
助産師外来では、心配なこと・気になっていること・なんでも助産師にお話し下さい。

院長  國富 衛
経歴について

1991年に医師国家資格を得て、その後岡山大学附属病院産婦人科、愛媛県立中央病院産婦人科、新生児科、香川県立中央病院産婦人科、公立雲南総合病院産婦人科、岡山済生会病院産婦人科と勤務し、2001年に現在のクリニックを開業しました。特に愛媛県立中央病院では、麻酔科新生児集中治療室の新生児科の研修も経験し、現在の基礎ができたと思います。
産後しばらくは赤ちゃんを産婦人科医が診ることになりますので、知識や、経験なしではできないことです。新生児科の研修ができたことで、よりお母さまがたにも安心して頂けると思っています。

なぜ自然分娩を推奨されているのでしょうか
今まで約8,000件以上の分娩に立ち会い、さまざまな分娩方法を経験してきました。その経験と知識から、お母さんと赤ちゃんが一番安全に、そして元気で退院して頂けるのは自然分娩だと感じました。医療は日々進歩しています。無痛分娩でも計画分娩でも麻酔をかけたり、陣痛誘発剤を使用するにあたり、必ず副作用というものがついてきます。自然分娩でも1,000例に1人は命にかかわるような障害を持った赤ちゃんが産まれてしまいます。無痛分娩しかり、計画分娩をすることによってその危険性が上がってしまうのも事実です。その危険性をなるべく下げ、お母さんと赤ちゃんが元気で退院して頂くこと当院スタッフ全員の願いです

もちろん、自然分娩をしている最中でも、必要とあらば帝王切開や陣痛誘発剤を使用します。安全にそれらの医療行為を行うために、設備や体制を24時間しっかりと整えています。

2016年には病室全室のリニューアルも終了し、より快適に入院生活を送っていただけるようになりました。

小児科を併設している理由
児科を併設しているのは産まれた赤ちゃんを末永くお世話させて頂こうと思ったからです。当院では産後の育児ケアーに力を注いでいます。
お母さんにとっては、些細な事でも赤ちゃんの状態が気になるものです。例えばゲップがうまくいかない、赤ちゃんが寝てくれない、こんな時、気軽に相談して頂けるよう、24時間窓口を開いています。助産師をはじめとする当院スタッフがわかりやすく、親身になって相談にのってます。

小児科
当院では小児科も併設しています。出産後もお子様のご健康のお手伝いをさせて頂きます。
一般診療、予防接種外来、乳児健診外来(要予約)

内科
南館 院長 國富 慎一郎
当院内科では、より温かい医療を目指しみなさまのホームドクターとなるべくスタッフ一同がんばっております。

実施内容
◆保健指導
◆母親学級
◆パパママスクール
◆マタニティエアロビクス
◆離乳食講座
(入院患者へのサービスとして)
  • 私達と一緒に! 赤ちゃんと一緒に! 自然で素敵なお産を!私達と一緒に! 赤ちゃんと一緒に! 自然で素敵なお産を!
  • 管理栄養士です 自家菜園で収穫した野菜を中心です管理栄養士です 自家菜園で収穫した野菜を中心です

二次元バーコード

くにとみクリニック2次元バーコード