文字サイズ

トウコウジ

洞光寺

尼子清定公・経久公 開基の寺/十一面観音 永代供養廟奉安

お電話はこちら

0852-21-5807

◇仏事全般承ります◇
回向
永代供養(各宗派)・墓地
写経・坐禅・能楽・御詠歌

イチオシ情報

◆年中行事抄
1月1日~3日 大般若修正会
2月15日(おねはん)釈尊涅槃会
3月彼岸中日(春分の日)午後1時山門春彼岸会
4月8日(花まつり)釈尊降誕会
8月8日(おせがき)午前9時山門盂蘭盆大施食会
9月彼岸中日(秋分の日)午前9時30分山門秋彼岸会・永代供養合同慰霊祭
10月1日 開山忌
12月8日 釈尊成道会
12月31日 除夜の鐘

●洞光寺会館
お通夜から葬儀まで 受付24時間対応
0852-67-1348

  • 小泉八雲ゆかりの地を示す看板小泉八雲ゆかりの地を示す看板
  • 薬師堂額。東皐心越の書。薬師堂額。東皐心越の書。

詳細情報

洞光寺会館
お通夜から葬儀まで誠心こめてお世話させていただきます。
このプランの業務全般は、洞光寺が業務委託いたしました専任スタッフで執り行うことにしております。

曹洞宗は

お釈迦さまをご本尊として仰ぎ、高祖道元禅師さま、太祖瑩山禅師さまを両祖さまとして一仏両祖をお祀りいたします。
大本山は、福井県の永平寺(高祖道元禅師さま御開山)、横浜市の總持寺(太祖瑩山禅師さま御開山)。
わたしたちはみな仏であり生まれながら仏心を具えています。
しかしそれに気づかずに我がまま勝手の生活をして苦しみ悩みのもとをつくっています。
ひとたび仏さまに懺悔し帰依するならば心が落ち着いておのずから生活が調えられて明るくなり、社会のお役に立つことを喜び、また、どんな苦難にも耐えて生き抜こうとする信念が生まれます。
そこに生きがいと幸福とを発見するのが曹洞宗の教えであります。


県指定文化財・経久公画像 洞光寺蔵
(島根県立古代出雲歴史博物館へ寄託中。)

薬師堂額。東皐心越の書
 山門額「金華山」も揮毫している。明の杭州の僧。
 延宝5年来朝、水戸光圀に招かれて水戸祇園寺を開き、また金澤八景を撰す。

山門近くに立ち並ぶ十二支地蔵尊 平成12年8月建立。

三十七世・絶巖獨照和尚の時、再建された坐禅堂。
 宇治の興聖寺・僧堂がモデルとなっている。

松平不昧公揮毫額
 不昧公は第七代松江藩主(出雲松平)。

小泉八雲ゆかりの地を示す立看板
 月照寺と共に洞光寺も好きであったらしく、ラフカディオ・ハーンが松江に到着した翌朝、まず耳に響いてきたのは当寺の鐘の音であったという。

半七地蔵尊
 鐘楼堂近くに立っている。


■年中行事抄

1月1日~3日 大般若修正会
2月15日 (おねはん)釈尊涅槃会
3月彼岸中日(春分の日)午後1時 山門春彼岸会
4月8日(花まつり) 釈尊降誕会
8月8日(おせがき)午前9時 山門盂蘭盆大施食会
9月彼岸中日(秋分の日)午前9時30分 山門秋彼岸会・永代供養合同慰霊祭
10月1日 開山忌
12月8日 釈尊成道会
12月31日 除夜の鐘


*早朝清掃奉仕 毎月2・4日曜日

*梅花講
毎月第2・4火曜日
 午前9:30~12:00(初心者のみ)
 午後1:30~4:00

毎月2・4月曜日(初心者のみ)
 午後7:30~9:00

*写経会
毎月第2金曜日(習字)
毎月第4金曜日(写経)
共に午前9:30~12:00

*夜坐の集い(夜の坐禅会)
毎月第2・4金曜日 午後7:30~9:00

*お能(金剛流)
毎月1回(土曜日午後)
  • 鐘楼堂横の仏足跡鐘楼堂横の仏足跡
  • 不昧公は第七代松江藩主(出雲松平)不昧公は第七代松江藩主(出雲松平)
  • 半七地蔵尊。鐘楼堂近くに立っている。半七地蔵尊。鐘楼堂近くに立っている。

二次元バーコード

洞光寺2次元バーコード