文字サイズ

クラシゲシカクリニック

くらしげ歯科クリニック

歯科・小児歯科 
むし歯予防指導・歯周病検診

お電話はこちら

0858-35-5160


くらしげ歯科クリニックは1995年9月に湯梨浜町(旧羽台町)に開業いたしました。
以来、患者様のお気持ちを大切に地域の皆さまの歯科医療向上のためのお手伝いをさせていただいております。

詳細情報


◆歯とお口の健康相談
◆歯周病検診・予防指導
◆ブラッシング指導
◆口臭予防の保健指導
◆歯の定期検診
◆こどもの発育期における歯の健康相談
◆自由診療も各種行っています
◆歯周疾患処置
◆歯冠修復及び欠損補綴
◆各種保険取扱
◆顎関節の健康相談
◆歯と歯ぐきの健康相談
◆老年期の歯の健康相談
◆口腔ケアの指導

==お気軽にご相談下さい==

当院は患者様の口腔内状態をご説明、ご確認いただいております。
患者様に治療内容、治療計画等をご説明させていただき、ご納得頂いた上で治療するよう心がけております。


こんな時どうする?
歯が抜けてしまった時の対処法


脱落歯への対応法
◆脱落した歯の保存法
歯の根の部分の組織(歯根膜)は、乾燥に対して非常に弱い
口の外での生存は、30分が限界。
1 ラップフィルムに包んで 1時間以内
牛乳に入れ 12時間以内
歯の保存液に入れて 24時間以内
 *生理食塩水・唾液は、2・3よりも保存性能では、劣ります。

◆脱落した歯の緊急処置
1 欠けた歯・抜けた歯を急いでさがす。
2 脱落した歯の根(歯根)を持たない触らない。持つ時は、歯の頭(歯冠)を持つ。
3 ほこりや砂がついていれば、牛乳歯の保存液でさっと洗う。
 洗う時は、決して歯の根をこすらないこと。なるべく水道水で洗わないほうがよい。
 もしも、水道水で洗う場合は、30秒以内とする。
4 歯を自分で元の位置に戻してみる。
戻せない場合、
牛乳歯の保存液に入れて保存する。(低温4℃で保存)
口の中(歯と歯ぐきの間)に入れて保存する。
 飲み込まないように注意すること。
 水道水を漫したハンカチ等に包んだままにしない。
なるべく早く受診する30分以内が望ましい)。
 幼若永久歯で歯根形成が3/4以下であった場合は、脱落後45分以内に再植を受けた場合、
 20~30%の確率で歯髄の再循環がおきる。

くらしげ歯科は夜7時まで診療しております。
歯のトラブルはお気軽にご相談下さい。

二次元バーコード

くらしげ歯科クリニック2次元バーコード