文字サイズ

サイコウジ

西光寺

≪恵まれた尊いいのち大切に≫
浄土真宗本願寺派鳥見山西光寺

お電話はこちら

0742-45-3864

当寺の開墓は永正4(1507)年。
平成19年の秋には、おかげさまで500周
年記念法要を厳修致しました。
 阿弥陀仏のお慈悲につつまれ、親鸞聖
人のみ教えを仰ぐ、浄土真宗寺院です。
  • イラスト (画・佐竹康朗氏)イラスト (画・佐竹康朗氏)
  • 西光寺梵鐘西光寺梵鐘

詳細情報

1.歴 史
 1507年(永正4年)に開かれた西光寺は、おかげさまで500年。当時は「応仁の乱」から約40年後、
大和の国を含む全国で争い、飢饉が頻発する戦国時代の真っ只中。本願寺は中興の祖・第8代
蓮如上人のご往生(1499)後の実如上人時代であり、各地で本願寺系一向一揆もおきていました。
 そうした時代の中、西光寺は鳥見庄(とみのしょう)の念仏道場として生まれ、門信徒の仏法聴聞
の集いの場となりました。現在は在所である石木町(旧石堂村・旧木嶋村)をはじめ、ひろく富雄川
流域の生駒市・奈良市西部の富雄・学園前・西ノ京地区・大和郡山市を中心とする地域の皆さまと
共に、尊いご仏縁に恵まれています。これもひとえに仏祖のご恩、門信徒各位のご協力の賜と深く
感謝し、報恩の念を表します。 合 掌

2.法 物
 ・本 尊 阿弥陀如来立像、聖徳太子・親鸞聖人・蓮如上人画像等
 ・梵 鐘 1823年(文政6)銘、高さ95cm 青銅製。
 太平洋戦争末期、貴金属供出令により供出される。その日、まるで出征のように梵鐘には赤い
 鉢巻が巻かれ、檀家衆が見送った。材質検査の為、直径約2センチの穴が縦に七つあけられ、
 削られた部分もあるが融解直前に終戦。戦後、「大和国添下郡石堂村」の銘を頼りに寺に戻る。
 今では平和学習の一環。

3.納骨と墓地募集
・納 骨
 京都・東山五条の大谷本廟(西本願寺・親鸞聖人ご廟所)の祖壇納骨への取次ぎと、
 無量寿堂(納骨堂)内の西光寺所有区画への納骨を受付けます。
・墓 地
 地元墓地(石木墓地) 区画サイズと永代使用料等(年間管理料別途3千円)
 ・A区画 幅1.7m×奥行1.5m 区画代75万円 と 延石代17万5千円
 ・B区画 幅1m×奥行1m 区画代30万円 と 延石代8万5千円

4.法話会・勉強会
 ・富雄講 月例法話会 於)富雄駅前 朝10時~正午
 
※以上、詳細は電話にてお問合せ下さい。

  • 500周年記念法要(平成19.10.27)の様子500周年記念法要(平成19.10.27)の様子

二次元バーコード

西光寺2次元バーコード