文字サイズ

ゴンゲングウショウセイジンジャ

権現宮證誠神社

須磨のごんげんさん

お電話はこちら

078-731-2743

御祭神
五十猛命
樹木の神として風水害から守護し 
農、工商業を繁栄せしめる大神
また古事記によると大国主命を助けたことにより 
いのちの神として大難厄除、大病平癒祈願の信仰を集めています。

お知らせ

■ご祭事案内■
春 祭 5月 19、20日
秋 祭 9月 23、24日
 この日は境内に夜店が出て近隣の方々が御参拝に来られて大変賑わいます。
例 祭 9月 26日  

詳細情報

ご由緒
永延元年(987)紀伊熊野の大神を勧請し、妙法寺川沿岸の大手、板宿、東須磨、野田、駒ケ林の五ケ村の氏神として創祀された。
徳川の代に至り「須磨聖霊大権現」と称された明治初年證誠神社と改め明治6年に村社、同14年に郷社(須磨区内唯一の神社)に加列され大正5年神饌幣帛供進神社に指定せられ須磨区一円の守護神として、その御神徳を崇敬せられ現在に至ります。

御祭神五十猛命(いそたけるのみこと)は素盞鳴尊(すさのうのみこと)の御子様神にして樹木の神として風水被害を植林及び植樹により守護し 農、工商業を繁栄せしめたる大神として尊崇され古事記では大国生命を助けたことにより、大難厄除、大病平癒祈願の信仰を集めている。
当神社の祭日には必ず少し雨が降るため、
「しょぼしょぼ権現降る 長田 生田祭は降らぬ事なし」
と今も言いならわされているように、両神社と並ぶ神戸屈指の古社である。
祭日の雨は木の神様に相応しい由緒ある恵の雨だと言われている。


●◯●初穂料●◯●
・お宮詣り・病気平癒・厄除(お一人ずつ祈祷) 六千円
・地鎮祭・家清祓い等(お供え含む)個人    三万円
・マンションの起工式、竣工式         三万五千円
 ※神葬祭その他のお祭りの初穂料はお電話下さる様お願いします


権現宮證誠神社
TEL.078-731-2743
兵庫県神戸市須磨区権現町1丁目3-2

  • 末廣稲荷末廣稲荷
  • 大国主命大国主命
  • 蛭子命 大己貴命 事代主命 素盞鳴尊蛭子命 大己貴命 事代主命 素盞鳴尊

二次元バーコード

権現宮證誠神社2次元バーコード