文字サイズ

ホンショウジ

本松寺

葬儀や永代供養は明石市の
開山以来四百年以上の歴史ある本松寺へ

お電話はこちら

078-912-6800

  • 「閑静なお寺で、落ち着きます」
開山四百年 日蓮宗 本松寺
みなさまの心に寄り添うお寺 本松寺    
皆様のご先祖を大切に尊び、法華経読誦・ 
唱題・供養いたしております。      
皆様の御先祖の供養を何よりも大切なこととして、
葬儀・年忌法要・月参り・永代供養を中心に活動しております。
明石大橋の見える墓地があります。
  • 開山四百年 日蓮宗 本松寺開山四百年 日蓮宗 本松寺
  • 本松寺庭園◆枯池式枯山水庭園本松寺庭園◆枯池式枯山水庭園
  • 「妙見社のツツジ」「妙見社のツツジ」

詳細情報

開山四百年以上のお寺 日蓮宗 本松寺
當山は慶長元年、秀吉の家臣藤井新右衛門勝介の寄進により、明石川の西南船上
(ふなげ)城下に創立され、ここにあること九十五年、明石城(現在の公園)を
築城を契機として、元禄四年に現在の地(人丸山の西坂)に移転した。続いて鎮
守、妙見社があり、またの名を「谷の妙見さん」と呼ばれ親しまれている。
お寺は「萩の寺」とも呼ばれていたが現在は少ない。正面に古びた石階段、巨石
の御首題碑、山門と続く。山門をくぐると樹齢300年以上の山桃の大木があり、
丸く刈られ、お釈迦様の頭頂を喩え、「聖僧樹」と呼ばれている。その聖僧樹の
奥に本堂がある。
庭園は宮本武蔵作と伝えられ、本堂の裏面を背に庫裏書院に面した枯池式枯山水
庭園で、もと離れ座敷が西方にあり、座敷からの視点にした作庭となっている。

本松寺庭園(伝、宮本武蔵作庭)
庭園様式 枯池式枯山水庭園
作庭時代 江戸時代前期(伝、宮本武蔵作庭)

永代供養
先々、後を継ぐ者が無い方など、永代供養を生前から申受けいたします。
本松寺の永代供養は、本堂安置の霊簿に記載し、永代供養の位牌を作製奉安
日々の朝勤時、月命日毎に戒名を読み上げ、読経回向しております。
ご遺骨は、希望により合祀納骨、預かり、または数年後の年忌に合祀納骨
いたしております。詳細はお問い合わせください。

本松寺・妙見社
本松寺の守護神として、御本尊(本堂)の乾(西北)に安置し、
毎朝、天下泰平・国土安穏と檀信徒並びに参拝者の所願成就を
祈願しております。
本松寺の妙見尊像は戦国武将「島左近」が常時崇拝された尊像で、
霊験誠にあらたかな尊像であり、運勢を切り開いて、信奉する人を助けようとする
開運妙見大菩薩です。
社苑には、100株ほどのヒラドツツジが植えられ
毎年4月末頃に満開となり、近隣の方々の憩いの場となっています。


写経会 毎月第4金曜日午後1時30分から 
信仰の糧、心の落ち着きが得られます。

唱題行 毎月第1土曜午後2時45分から  
『南無妙法蓮華経』と お唱えする瞑想的修行です。
報恩法話会 毎月(日蓮聖人のご命日)13日、前後の午後1時から
『妙法蓮華経』の読経練習と住職の法話

住職の活動
ビハーラ活動、カウンセリング、人生コーチングなど、心に寄り添う活動や
傾聴、心理療法的カウンセリング、グリーフケア(悲嘆の癒し)のカウンセリングも
行っております。詳細はメールでお尋ねください。
  • 「動物供養塔納骨随時受付中」「動物供養塔納骨随時受付中」
  • 霊験誠にあらたかな尊像 妙見尊霊験誠にあらたかな尊像 妙見尊
  • 「法事、仏事のこと何なりとご相談ください。」「法事、仏事のこと何なりとご相談ください。」

二次元バーコード

本松寺2次元バーコード