文字サイズ

アカシコウショウヤクバ

明石公証役場

三菱UFJ銀行西隣り・ラポス3F

お電話はこちら

078-912-1499

あなたの財産を守り、争いを防ぐ身近な相談所です。
◎契約・遺言公正証書の作成
◎会社定款の認証・確定日付
◎外国向け私署証書の認証

詳細情報

あなたの財産を守るために、大切な契約や遺言は公正証書で。

公証人は、法務大臣によって任命された公務員で、法律事務の専門家です。
公正証書作成に関するご相談は無料です。 (※但し、事前に電話で予約をお願いします)

<主な業務内容一覧>

◎各種の法律行為に関する公正証書の作成
これらの事務の主なものは、次のとおりです。
1 金銭消費貸借契約書・債務弁済契約書の作成
金銭消費貸借契約は、債務者が債権者から交付された金銭を消費し、後にこれと同額ないし利息を付した金員を返済するというものです。また、債務弁済契約は、債務者がある債務を負担しているときに、既に存するそれら債務の弁済方法を定めるというものです。
2 土地・建物の賃貸借契約書の作成
建物の所有を目的とする土地の賃貸借や建物の賃貸借に関する約束を定めておくというものです。
3 離婚する際の契約書の作成
夫婦が離婚するに際して、子供の親権者・監護権者、養育費の支払い、慰謝料の支払いや財産分与の約束などを定めておくというものです。
4 任意後見契約書の作成
任意後見契約は、将来、自分が精神上の障害によって判断能力が不十分な状態に陥ったときに備えて、財産の管理等に関する事務を自ら選任した者に委任し、代理権を与える契約です。

◎遺言公正証書の作成
遺言は、自分が所有している財産を、死後どのように処分したいかなどについて、生前に本人が示した意思を、死後も間違いなく実現していくため、その最終的意思を確保しようとする制度です。

◎定款の認証
会社等を設立するときには定款を作成しなければなりませんが、内容の適法性と定款作成の真正を担保するため、公証人の認証が必要です。

◎各種私文書の認証
文書の名義人が真正な作成者であることを確認するものです。

◎確定日付の付与
私文書が公証役場に持参された日に、その文書が存在したことを証明するものです。

※公正証書は、公文書として高い証明力が認められているほか、金銭債務に対しては、判決と同じように、強制執行ができる力(執行力)が認められています。

※不動産の売買契約や賃貸借契約、金銭消費貸借契約等、大事な契約をするときは、公正証書で確かな内容のものとし、トラブルを未然に防ぎましょう。

※公正証書等の書類の作成費用は、手数料令で法定されています。安心してご利用ください。

二次元バーコード

明石公証役場2次元バーコード