文字サイズ

イザワシカ

いざわ歯科

姫路警察署真向い 月~土曜日診療

お電話はこちら

079-281-8118

当院では、皆さんの5年後、10年後のお口の健康を考えて共に歩んでいく健康増進型の医療を目指しております。
  • 待合室待合室
  • 受付受付
  • インプラントインプラント

詳細情報

当院では、皆さんの5年後、10年後のお口の健康を考えて共に歩んでいく健康増進型の医療を目指しております。

◆インプラント◆
インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。(料金:40万円程度)
埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。
その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。


◆審美歯科◆
毎日の生活の中で、“すてきな笑顔”や“美しい口元”は、あなたの印象を大きく変える重要な要素です。
審美歯科では、より快適な生活に必要な“よくかめる”といった機能の回復を行いながら、美を深く追究し、より豊かな生活を送っていただくことを目的としています。
よりきれいに、より美しくあなたにあった自然な健康美を提供いたします。


◆ホワイトニング◆
様々なホワイトニングの手法がありますが、当院では主に、濃度の薄いジェルを長時間歯にあててゆっくり、やさしく持続的に漂白する”ホームホワイトニング”という手法で行っています。
これは、欧米でも主流の方法で、最も自然な色調と予後の安定した方法だと言われております。
このジェルの成分は、口の中の消毒にも使われていた物なので、安全で歯の構造を変えずに白くすることができます。
また、ホームホワイトニングはとても簡単にできます。


◎ホワイトニングの価格
=上顎または下顎のみ=
26,250円 (税込、ホワイトニング用ジェル2本含む)
=上下顎=
52,500円 (税込、ホワイトニング用ジェル2本含む)
※ホワイトニング用ジェル 1本2,100円(税込)
※ホワイトニング用ジェル2本で約2週間分


◆虫歯治療◆
歯を削って詰め物をしたり冠をかぶせても、
本当の意味では虫歯や歯周病を治すことはできません。
当院では、皆さんの大切な歯をなるべく削らない治療を心がけております。


◆歯周病治療◆
歯周病とはどんな病気ですか?
歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間に食べかすが残っているとそれを栄養源として細菌が増殖し、歯垢(プラーク)という細菌の塊がべっとりと歯の表面にへばりつきます。
細菌たちは毒素を出し、歯ぐきや顎の骨を破壊していき、 歯周ポケットという溝を作っていきます。


◎歯周病の進行具合◎
1)健康な歯肉
 健康な歯肉は引きしまっていて薄いピンク色をしています。

2)歯肉炎
 プラークや歯石を放っておくと歯周病菌の出す毒素で歯ぐきが赤くはれ上がってきます。
 この状態の時に対処すれば、まだ元の歯ぐきに戻すことができます。


3)歯周炎(中等度)
 歯肉炎の状態で放っておくと、今度は歯槽骨(歯を支えている顎の骨)の破壊が始まります。
 骨の破壊が進むにつれて歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなっていきます。
 だんだんと歯がグラグラ動き始めます。


4)歯周炎(重度)
 ここまで顎の骨が無くなってしまうと歯は次々と抜け落ちていきます。

◎歯周病にはどんな治療をしますか?◎
1)歯磨き
 お口に関する知識や自分のお口の中の状態を知っていただき、正しい歯磨きの仕方を身につけてもらいます。(歯磨きではとれなくなった歯ぐきの上の歯石とりを行い、歯磨きし易くします。)
 上手に歯磨きができるようになれば次のステップです。


2)歯ぐきの中の歯石とり
 歯ぐきの中の歯石をとります。
 歯周検査を行い、良くなっていない部分を探します。


3)歯石とり以外の歯周病治療
 良くなってこない部分は再度歯石とりを行います。
 歯石をとるだけでは良くなってこない場所に、歯石とり以外の治療(外科処置等)を検討します。
 歯周検査の結果、歯周病が落ち着いていることを確認できれば次のステップです。


4)メインテナンス
 定期的に歯周検査し、前と比べて悪くなったところがないかをみます。
 歯周ポケットの中を専用の機器で清掃します。


◆予防歯科◆
治療中心から予防中心へ…
歯科疾患実態調査によると、日本人は32本の歯のうち、60歳で14本、80歳で27本も失います。
つまり、80歳では5本くらいしか残っておらず、残った歯もほとんど機能していないのが現状です。
片や予防先進国フィンランドではどうでしょう・・80歳で20本以上の歯が残っているのです。
何が違うのでしょう?
答えは予防歯科の普及です。
フィンランドの人々は歯が悪くなる前に、悪くならないための手入れ(歯の予防)を欠かさないからです。
そして、例え悪くなったとしても治療後の予防を欠かせません。
悪くなった歯は治療しなければなりませんが、歯は治療するたびに寿命が短くなるのが現実です。
必要な治療を済ませた後は、あなたのお口の環境、生活環境にあった予防の仕方を相談し、予防をしていくことをお勧めします。
そうすることによって、生涯を通してより多くの自分の歯を守ることが可能です。


■院長紹介■
皆様の楽しいお食事や幸せな生活の、お手伝いになればと考えております。
皆様のライフスタイルやライフステージに合わせた治療方法をご説明させていただき、納得された上での治療を行ってまいります。

 院長 井澤 浩文

【経歴】
岡山大学歯学部 (2000年卒業)
いざわ歯科 開設 2006年5月


【所属学会】
日本口腔インプラント学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本歯科審美学会会員
日本臨床歯周病学会会員
日本顎咬合学会会員
大阪SJCD会員
【主なライセンス】
ノーベルバイオケアインプラント
ITIインプラント
カルシテックインプラント
ゴアテックス


≪アクセス≫
マックスバリュ宮西店さん南隣り、駐車場を完備

≪診療時間≫
月~金曜 9時~13時・14時~18時
◎土曜日の診療時間は、8時~12時・13時~17時


▼いざわ歯科のHPは下記から
http://www.izawa-dc.jp/
【TEL】079-281-8118
  • 歯周病治療歯周病治療
  • カウンセリングルームカウンセリングルーム
  • 治療室治療室

二次元バーコード

いざわ歯科2次元バーコード