文字サイズ

イリョウホウジンオカダクリニックガンカ

医療法人岡田クリニック眼科

三宮駅近くフラワーロード沿い
土日祝も診療
各種検査行っています

お電話はこちら

078-231-7100

各線三宮駅より3分フラワーロード沿い
岡田クリニック眼科では、眼科・一般診療をはじめ
緑内障や白内障の診療、ドライアイ、
アレルギー性結膜炎や眼精疲労に至る迄、
症状によっては最新の医療器具を用いて治療します。

お知らせ

お知らせ

●スポットビジョンスクリーナーを3月27日より導入しました。
 6ヶ月幼児から目の検査ができます。
 3歳児での、弱視発見ができます。

●管理栄養士による栄養相談受けてみませんか?

●サプリでお馴染みのルテイン無料測定会⇒終了しました。

詳細情報

このような症状でお困りのときは受診して下さい
目がかすむ、痛い、かゆい、充血している、
疲れる、かわく、ゴロゴロする、
違和感がある、涙がでる、
遠くが見えにくい、近くが見えにくい、
視野が狭くなった、浮遊物が飛んでいるように見える、
スマホによる目の疲れ、
夕方になると老眼のような状態になる、
学校の視力検査で受診をすすめられた など


眼科、一般診療
診療内容
緑内障 白内障 網膜疾患 一般眼科
ドライアイ・アレルギー性結膜炎 眼精疲労
コンタクトレンズ処方

当院では、OCT(光干渉断層計)を導入致しました。
この装置は、短時間低侵襲
眼底内部の検査を行うことができます。
従来機器では精密な検査ができづらかった
網膜などの状態を観察できるようになり、
患者様にはより少ない負担で、
精密な検査ができるようになりました。
これにより疾患に対する治療方針の決定や
治療効果の判定に役立てることができます。
この装置では、迅速かつ低侵襲で網膜などの
断層面の観察や立体構造の解析が行え、
適応は加齢性黄斑変性、糖尿病網膜症、黄斑円孔、
黄斑前膜、黄斑浮腫、網膜剥離、緑内障
など、
疾患の早期発見や精密な検査に貢献します。


●眼精疲労に関わる症状の治療
(スーパーライザーによる治療)

直線偏光近赤外線を用いて頚の星状神経節をブロックし、
交感神経の緊張をとる装置です。

眼の血流を増やすことにより、
眼精疲労(疲れ目)、ドライアイ、緑内障、アレルギー性結膜炎、
網膜血管閉塞症、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、
視神経炎、緑内障、黄斑変性症、中心性網脈絡膜炎、
飛蚊症、眼筋麻痺、仮性近視、角膜潰瘍などに
効果があるといわれています。

テレビで話題の「調節機能解析装置」で目の疲れを測定できます。

●3日連続血糖検査
CGM(iPRO2)

昼夜を問わず24時間高血糖や低血糖などの変動パターンを知ることができ、糖尿病治療に役立てます。


●スポットビジョンスクリーナーを3月27日より導入しました。
6ヶ月幼児から目の検査ができます。3歳児での、弱視発見ができます。


■コンタクトレンズ診療
  • 視野検査(ハンフリー740)視野検査(ハンフリー740)
  • 調節機能解析装置調節機能解析装置
  • スーパーライザースーパーライザー

二次元バーコード

医療法人岡田クリニック眼科2次元バーコード