文字サイズ

ワタナベキョウセイシカ

渡辺矯正歯科

神戸市須磨区 矯正歯科

お電話はこちら

078-795-0888

渡辺矯正歯科は歯科矯正専門です。
当院では矯正治療により不自然な位置にある歯やあごの成長を
整えることによって、歯並びをきれいにするだけでなく、
咬み合わせなどの口腔機能を改善し、
機能美を追求することを大切に考えております。
  • 院長 渡辺 真太郎院長 渡辺 真太郎
  • 副院長 渡辺 智子副院長 渡辺 智子

詳細情報

■矯正歯科
顎口腔機能診断施設 育成・更生医療機関

■矯正治療
●成人の矯正
・隙間のある歯、でっ歯、受け口、上下の前歯が重ならない、歯のでこぼこ、咬み合わせの悪さによる顎の痛み、顎の音がするなどは成人でも矯正治療で治すことができます
・目立たない装置や見えない歯の裏側の装置により矯正歯科治療をすることができます


●子供の矯正治療
・歯並びのご相談の目安として7歳、あるいは前歯の永久歯が2本出て来た頃が良いタイミングです
・咬みにくい、口呼吸、指しゃぶり、前歯の重なり、関節雑音、前歯が出ている、前歯が反対、咬み合わせが悪いと感じる、上と下の前歯に隙間がある。いつも口が開いているなどはよくない症状です、一度ご相談下さい


◇早期治療
まだ乳歯の時期(乳歯列)や、乳歯と永久歯が混じりあった時期(混合歯列)に、あごの成長を見ながら咬み合わせやあごの形、大きさなどの改善を行うもので子供の成長は早いので、この時期の適切な治療は大切です
◇矯正治療の重要性
咬合異常を治療しないでいくと、う蝕(虫歯)、歯周病、骨吸収、歯の欠損、顎関節症になりやすいのです

■矯正治療
 歯の動く仕組み

歯は、顎の骨の中に植わっています。そして、骨というものは力を加えられるとそれが刺激になって反応して、改造現象を起こします。矯正治療は、骨のこの性質を利用して歯を動かしているのです

矯正治療はいろいろな装置を用いて、歯の移動の量や方向をコントロールすることで、歯を好ましい位置へ移動させます

歯の移動に伴い、引っ張られている反対側では、歯と骨に隙間が生じ、そこに新しい骨ができてきます
この現象の連続によって歯が動いていきます


■矯正装置
矯正装置にはたくさんの種類があります。患者様のご希望や症状にあわせて最適な装置で治療します
◇透明の装置
◇金属の装置
◇カラフルな色の装置
◇リンガル
(裏側からの治療)(表からは全く見えません)
◇機能装置(主に子供に使用します)

二次元バーコード

渡辺矯正歯科2次元バーコード