文字サイズ

シンドウシンシンキョウホンブ

神道神心教本部

篠山市の神道神心教本部。神道系の宗教団体です。

お電話はこちら

079-594-0511

【篠山市 神道神心教】
教団の活動
毎月1日月始祭、8日の月並祭
1月、4月、7月、10月の大祭

教団の経典
教憲三条 神心五箇条 大祓詞
御教歌百首 天地の道

教団として行う主な行事
初詣で元旦祭 1月1日 春祭り大祭 4月8日
川裾大祭 7月30日 秋まつり中祭 10月8日
月始祭・月並祭 毎月1日、毎月8日

お知らせ

安達太十郎により設立された神道系の宗教団体です。

  • 篠山市の神道神心教本部篠山市の神道神心教本部
  • 神道系の宗教団体です神道系の宗教団体です
  • 安達太十郎により設立されました安達太十郎により設立されました

詳細情報

人生の悩み、苦しみ生活のすべて神事と教導します

【篠山市 神道神心教本部】

■神道神心教教会本部に鎮座せる主神天照皇大神(伊勢神宮御分霊)を元として、神事、布教を行い、教祖の教えである神(皇大神)、君(天皇、皇室)、祖(先祖)を尊信することが、日本人として、人として、信仰一筋にして、教憲、神心五箇条を基にして、円満な人格育成につとめる。
■追記
本教団では信仰の本筋は、輝かしき我が日本の国は、「豊葦原(とよあしはら)の瑞穂の国は、我が王(きみ)たるべき地なり、汝(なんじ)皇孫行いて(ゆいて)治めよ。
天寶■(天つ日継ぎ)の栄えまさむこと、天地(あめつち)とともに極まり(きわまり)なかるべし」との神言により始められた尊い国であります。あらゆる神、あらゆる佛がいくらあっても日輪の現人神(あらひとがみ)即ち、伊勢皇大神宮に鎮座まします、天照皇大神を中心にして、他の神、他の佛、宗教上の神佛、諸霊を祭り尊崇することが当然であり、当教の教えの根本は、神・君・祖(おや)を尊く崇めまつることであります。
神は皇大神を中心に、あらゆる神佛あらゆる宗教を奉ることであり、君(きみ)は王(きみ)であり、天皇を中心に、皇室を尊崇し、祖(おや)は各人の先祖を奉りつ祭祀することが、特に日本人として自覚しなければならないのです。
先祖を尊ぶということは、畢竟(ひっきょう、つまり)その延長が家庭であり、親は親(どんなつまらないお父さん、お母さん、極悪人でも親には違いない。これは天地の原則なのだ。これをはき違えるから世の中争乱が絶え間がない。現世はあまりに学問にとらはれて心の学問が出来ていない。言論の自由・個人の自由・男女同権・子供の人権・なんでも自由、結構であるが、自由というのは、私に言わせれば、自分の自、自ずからの自が由(これは行動をおこし、その行程、その結果という意味がある)。だから、自由であればある程、自己の行動は自分で規制して行動しないと良かれあしかれ必ず結果(ツケ)がまわってくる。-天地自然の原理・原則である。
上記のあらましが当教団の信者さん、教師に対する教化育成であります。


■教団の経典
●教憲三条 ●神心五箇条 ●大祓詞 ●御教歌百首 ●天地の道

■団体として行う主な行事
●初詣で元旦祭 1月1日 ●春祭り大祭 4月8日 ●川裾大祭 7月30日
●秋まつり中祭 10月8日 ●月始祭・月並祭 毎月1日、毎月8日
  • 人生の悩み、苦しみ生活のすべて神事と教導します人生の悩み、苦しみ生活のすべて神事と教導します
  • 教憲、神心五箇条を基にして、円満な人格育成に努めます教憲、神心五箇条を基にして、円満な人格育成に努めます
  • 教団として行う主な行事にぜひご参加ください教団として行う主な行事にぜひご参加ください

二次元バーコード

神道神心教本部2次元バーコード