文字サイズ

シホウショシサカノジムショ

司法書士坂野事務所

姫路市,司法書士、飾磨駅徒歩1分 債務整理・成年後見など

お電話はこちら

079-227-1527

あなたの「よりよい未来」を一緒に考えます。
姫路の司法書士事務所「司法書士坂野事務所」です。
借金のこと、家族のこと、相続のこと、どうぞお気軽にご相談下さい。

お知らせ

債務整理・裁判手続、あなたの悩みに誠心誠意お応えします。

  • 姫路の司法書士、債務処理、相続登記姫路の司法書士、債務処理、相続登記
  • 成年後見、個人再生手続き、不動産登記は当事務所へ成年後見、個人再生手続き、不動産登記は当事務所へ

詳細情報

債務整理(借金問題)
●任意整理手続き
裁判手続を使わずに、債権者(貸金業者など)と交渉し、債権額(借金の金額)を確定し返済方法について和解する手続き
●過払金返還請求
払い過ぎたお金を取り戻す手続き
※過払金とは
利息制限法に定められた利率よりも高い利息でお金を借りた借主が本来であれば、借入金の返済は終わっているにもかかわらず返済を続けたために払い過ぎたお金
●自己破産手続き
債務者が支払不能に陥った場合に債務者の財産を債権者に対して適正・公平に清算するとともに、残りの債務につき、債務者の責任を免除する手続き
●個人再生手続き
債務者が借金のうち一定額について原則3年間で分割返済することにより経済的な再生を図る手続き

※上記から、あなたに適した方法をご案内いたします。

成年後見
認知症・知的障害・精神障害などで、判断能力が不十分な方が安心した日常生活を送れるよう、適切な援助者を選び、本人を保護し、支援する制度
●お話を伺い、成年後見手続きの家庭裁判所に提出する書類の作成
●将来のために「支援する人」「支援内容」を決めたいという方には、任意後見手続き

相続登記
相続登記代行
相続で取得した土地や建物の名義変更は将来のためにも、相続登記はなるべく早くされることをおすすめします。

不動産登記
不動産(土地及び建物)の物理的現況と権利関係を公示するための登記簿に登記すること

どんな時に不動産登記をするのか?
●建物を新築したとき
●不動産を相続により取得したとき
●不動産を売買・贈与により取得したとき など

商業登記
商人や会社の営業(事業)に関する事項を公示することによって、取引の安全に資し、第三者の利益を保護し、あわせて商人や会社の社会的信用を維持することを目的とした制度

どんな時に商業登記をするのか?
●新しく会社を作ったとき
●会社の役員を変更(再任含む)したとき
●会社の商号を変更したとき
●会社の本店・支店を移転したとき  など

動産譲渡登記
動産譲渡登記ファイルに記録することにより、動産の譲渡について民法第178条の引き渡しがあったものとみなされ、第三者対抗要件が具備される登記



【取扱内容】

≪所属司法書士≫
氏名(坂野一貴 兵庫県司法書士会会員第1510号、簡裁訴訟代理認定番号第612330号 )

≪主な取り扱い業務≫

[不動産登記]
売買、相続、遺産分割、贈与、抵当権設定、抵当権抹消、住所氏名変更

[会社]
設立、役員変更、増資、解散、新株発行、商号変更、目的変更

[法人]


[裁判]
民事訴訟、調停、差押、司法書士の業務に限る代理権の範囲、書類の作成

[各種債務]
自己破産、民事再生、特定調停、任意整理

≪その他業務≫
成年後見(高齢者・障がい者等の財産管理)
  • ミドリの建物の手前です。ミドリの建物の手前です。
  • 11、12です。11、12です。

二次元バーコード

司法書士坂野事務所2次元バーコード