文字サイズ

ゼンニホンアマモリチョウサキョウカイ

全日本雨漏調査協会(一般社団法人)

雨漏りのトラブルを解決致します。

お電話はこちら

06-7655-5798

<経営理念>

1.雨漏調査及び漏水調査に関する技術の向上と認識の普及を図り国民の生活環境の保全に資する
2.本技術を通して中小企業の地位向上と安定を図り、日本経済の健全な発展に資する。
3.各会員の交流と親睦を深め、雨漏調査事業という新しい業種の確立に資する

お知らせ

雨漏り調査の事なら全日本雨漏り調査協会までご相談下さい。

  • 雨漏り調査・相談ならお任せください雨漏り調査・相談ならお任せください
  • 雨漏り調査の様子雨漏り調査の様子
  • 雨漏り調査の様子雨漏り調査の様子

詳細情報

雨漏りによるトラブルを解決します!!

<調査方法の概要>

従来、雨漏りを処理するには、専門家が雨天時に建造物を肉眼で観察し、雨漏りしていると思われる部分を見当修理、処置するに留まっていました。
然るに基本的な雨水の浸入路を発見することにはならず、再発するケースも多く見られました。
当調査協会の「紫外線照射発光調査」は、紫外線に反応する専用の調査液を浸入口と思われる箇所に散布し、屋内から紫外線を照射すると調査液が伝わった所は七色の発光色で、雨漏りの浸入箇所や経路が特定出来るという画期的な工法です。
また、調査液は建物や人体にも無害で、変色もありません。建物についても木造、鉄骨、コンクリート造など構造、工法を問わずあらゆる建造物に対応し、晴れた日でも調査が出来ます。また、浸入箇所を特定出来る為、余計な工事の必要も無く、修繕費も大幅に削減されます。

= 調査物件例 =

一般住宅、店舗住宅、アパート・マンション等の住宅
学校、体育館、庁舎、公民館、郵便局等の公共建築物
JR駅舎、JA、変電所、NTT等の企業建築物
寺院、球技場、ガソリンスタンド、橋架等の特殊建築物
など建物の種類、構造を問わず調査を行い、各方面から高い評価を得ております。

<雨漏調査の流れ>

1.雨漏りのご相談
お問い合わせ
 
2. 会員店が詳しい漏水状況をお聞きします。
現場の事前調査や、建物の図面を依頼させて頂く場合がございます。
 
3.見積書作成、提出
事前打合わせ後、調査実施の費用を算出、調査費用・支払い条件等の確認を行います。ご依頼主様から、直接調査実施依頼をして頂き、実施日時の確定を致します。
 
4.調査実施依頼
調査実施契約
 
5.雨漏調査の実施
雨漏調査を行います。
調査報告書作成の為、必要な事項を出来る限り詳しく確認、記録致します。
 
6.調査報告書の提出
 
7.調査費用のご請求

全日本雨漏調査協会(一般社団法人)

〒577-0015
大阪府東大阪市長田3丁目6-19
TEL:06-7655-5798
  • ゴンドラを使っての調査ゴンドラを使っての調査
  • 足場を組んでの調査足場を組んでの調査
  • 設備管の水圧テスト設備管の水圧テスト

動画

二次元バーコード

全日本雨漏調査協会(一般社団法人)2次元バーコード