文字サイズ

ミグクルミタマジンジャ

美具久留御魂神社

◆初宮・安産祈願◆車のお祓い◆厄除◆七五三詣 他

お電話はこちら

0721-23-3007

当社は大国主命を主神とし、左に天水分神・弥都波廼売命、右に国水分神・須勢理比売命をお祀りしております。
羽曳野山脈の旭岡の反復に鎮座し、下の拝殿から北側の参道を少し登ると上の拝殿と本殿があります。この間の境内は苔生して美しく、本殿は東の二上山を向いています。

イチオシ情報

○初宮・安産祈願
○交通安全祈願 / 車のお祓い
○各種諸祈願
○厄除
○七五三詣
○地鎮祭
詳しくは社務所へお尋ね下さい。⇒TEL:0721-23-3007

  • 鳥居と拝殿鳥居と拝殿
  • 拝殿前から見た二上山拝殿前から見た二上山
  • 本殿本殿

詳細情報

◆◇◆美具久留御魂(みぐくるみたま)神社◆◇◆

<交通案内>
近鉄河内長野線喜志駅 南西800m

<祭神 >
主神 美具久留御魂神(大国主命)
左殿 天水分神、弥都波迺売命(みずはのめ)
右殿 国水分神、須勢理比売命
摂社 利雁神社(物部氏の坂戸造に関連)
末社
 皇大神社(天照大神、事代主命、大物主命)
 熊野神社(伊弉諾命、素戔嗚尊)
 貴平神社(須佐之雄神、宇迦之御魂神)他3社

<由緒>
『社頭の略記』には、崇神天皇の御代、この地に大蛇が出没し、これを大国主の荒御魂のしわざとし、ここに奉斎したのが創始であるという。また日本書紀には丹波の国氷上郡の氷香戸辺が神懸かりして「玉もの鎮石。出雲人の祭る。真種の甘美鏡。押し羽振る、甘美御神、底宝御宝主。山河の水泳る御魂。静挂かる甘美御神、底宝御宝主。」(訳)「玉のような水草の中に沈んでいる石。出雲の人の祈り祭る、本物の見事な鏡。力強く活力を振るう立派な御神の鏡、水底の宝、宝の主。山河の水の洗う御魂。沈んで掛かっている立派な御神の鏡、水底の宝、宝の主。」と宣託したとあり、皇太子の活目尊が創始したと伝えている。

<お祭り>
秋祭 10月第3土曜日、日曜日

■社頭祈祷のご案内
家内安全、商売繁盛、子授祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣、厄年祓、交通安全、車祓、健康祈願、病気平癒祈願、長寿祈祷、学業成就、合格祈願、成人の祝い、その他

■出張祭典のご案内
当社では下記の各種出張祭典も承っております。
地鎮祭、上棟祭、竣工祭、会社のまつり(開店・開所の祓)、家屋の祓(新築・改築・移転)、神棚新設・年毎のお祭り、神葬祭、その他

詳しくは社務所へお尋ね下さい。⇒TEL:0721-23-3007

  • 河内国名所図会 下水分社河内国名所図会 下水分社
  • 本殿本殿
  • 古墳古墳

二次元バーコード

美具久留御魂神社2次元バーコード