文字サイズ

エンキョウジ

圓教寺

日蓮宗 住職 岡田彰慶 岸和田駅より南東へ徒歩5~6分圓教寺

お電話はこちら

072-423-1165

圓教寺は慶長五年、時の岸和田城主小出播磨守秀政公の菩提寺として建立され、その時ソテツも植えられました。ソテツの樹齢は、約500~800年ぐらいと推定され、毎年だ円形をした筒状の雄花をつけ、沢山の大きな実をつける雌花の姿は、とても見事なものです。
昭和34年8月、市から天然記念物の指定を受けました。

詳細情報

 ◆◆ 日蓮宗 圓教寺 ◆◆

≪住職≫ 岡田 彰慶

生かされて生きる命を大切に  
        心をこめて御供養いたします

 仏事に関する事はお気軽にご相談下さい。



 圓教寺と蘇鉄 
円教寺は城北寺町筋の掛りにあって、城の外郭、北の寺町の一部を形成しています。旧岸和田村の北端で洪積層の末端部に位置し、寺の背後はがけになっています。そこから浜側は浄円寺筋・上砂町・下砂町と連なり、寺町筋のはずれ、西方寺横の南北の小道を蛤小路といったことなどから、付近が旧海岸線であったことがしのばれます。この付近の通りを古くは岸の姫松街道といったという伝承も残っています。
 円教寺は慶長五年(1600)、時の岸和田城主小出播磨守秀政公の菩提寺として建立されましたが、そのときソテツも植えられました。昭和34年8月、市から天然記念物の指定を受け、今日まで長い年月、風雪に耐え、人の世の移り変わりをじっと見守りながら、人の何倍もの命を生きつづけてきたソテツの生命力に感嘆すると同時に、今後も老齢に耐えて尊形を維持してほしいものと念じております。

二次元バーコード

圓教寺2次元バーコード