文字サイズ

アルファドウブツビョウイン

アルファ動物病院

日曜日も診察しております

お電話はこちら

06-6840-0456

当院では、犬、猫、鳥などをはじめとする小動物を中心に診察しており、病気の治療はもちろん、予防接種や健康診断、フィラリアなどのワクチン接種、しつけなどについてもしっかりとサポートいたします。
大切な家族の一員であるペットのために、スタッフ一同、気持ちをひとつに、心のこもった診療を心がけております。
  • 待合室待合室
  • フード、グッズ販売も行っていますフード、グッズ販売も行っています

詳細情報

~診療対象動物~
犬、猫、げっ歯類、小鳥等

□健康診断
本院では健康診断において血液生科学検査器、FCR(コンピューターX線解析装置)、超音波診断装置、最新式心電図解析装置などによるより信頼度の高い診断を心がけています。
またワンニャンドッグ(血液検査、尿検査、心電図検査、レントゲン検査など)による病気の早期発見、早期治療を目指しています。
家族の一員であるペットの日ごろの異常を発見したときは、実は病気はかなり進行している場合が多いのです。
より早く異常があるかどうかを見つけてあげることで、ご家族とペットのかけがえのない生活をより長く過ごして頂くことができます。

□予防接種
現在予防接種は犬、猫、フェレットで行われています。
生後50~60日頃までに一回目の予防接種を行い、その1ヵ月後に二回目の予防接種を行います。ペットショップなどで早期に一回目の予防接種が行われている場合は、二回目の接種後1ヶ月ぐらいでさらに三回目の予防接種をしていただく場合があります。
これは、生後40日ごろまでは、子供は母体から受け継がれた免疫をもらっており、その間に予防接種を受けてもそれによる免疫力はあまり獲得できないためです。
より安全に過ごすためにも、1回目のワクチン接種時期は大切なのです。
その後は1年に1回の追加接種をしてゆきます。

□フィラリア予防
関西では蚊は、早ければ2月下旬、通常でも3月下旬から発生し、11月から12月まで出現します。
蚊は人を含め、さまざまな動物から吸血し生存していますが、犬ではフィラリア(線虫類で成虫では10cmを超える細長い虫です)という虫が心臓内に寄生し、血行を傷害し心臓肥大、肝臓障害、呼吸器障害など様々な病気を引き起こします。

フィラリア予防薬は感染後1ヶ月程度までのフィラリアを完全に駆除することができ、感染を防ぐことがます。
毎月1回3月ごろから12月ごろまで投薬することにより、完全に予防することができるので、ぜひ予防してあげてください。

□ペットホテル併設

~院長 権田 昌弘~
1992年
大阪府立大学農学部獣医学科卒業
1992年
同大学院博士課程入学
臨床繁殖学、獣医内分泌学(主に犬における繁殖障害の治療、作用機序、精線ホルモン等の研究を行う)
1995年
アルファ動物病院開業
(社)大阪府獣医師会会員
日本小動物獣医師会会員

二次元バーコード

アルファ動物病院2次元バーコード