文字サイズ

ホウゾウジ

法蔵寺

褝宗 曹洞宗

お電話はこちら

072-941-6364

河内西国十七番霊場

◆四季の花咲く墓地に墓石建立を◆

お知らせ

■永代個人墓 墓地受付中
墓地永代使用料(墓地代)
1区画40万円より(大きい区画もございます/宗派不問で受付致します)

■永代供養のご案内
供養墓(合祀)一霊:7万円~
供養塔(合祀)一霊:30万円
一代墓(個人用)一霊:77万円(墓石代込)
◆後継者のない方
◆お寺が永代に供養管理を行います
◆後々の費用は一切不要です
◆宗派、国籍、その他一切の制限はありません

※価格変更の場合もございますので、お問合せください。

  • 天井絵天井絵
  • 石像観音(弘法大師作)石像観音(弘法大師作)
  • 石室古墳(後期古墳時代)石室古墳(後期古墳時代)

詳細情報

◆大阪平野を一望―洞宗の名刹
 寛延元年(1748)土佐の長曽我部氏の子孫である好山和尚によって曹洞宗の寺として開山されました。本堂前の「大覚山」の扁額は好山和尚の筆によるものです。
この地はかつて聖徳太子が物部守屋との戦いで砦を築き再起をはかった陣屋跡と伝えられ、その名残で法蔵寺への道は今も大道と呼ばれています。
信貴山口駅からゆるやかな坂道を約十分のぼると、やがて視界が開け、風格のある法蔵寺の伽藍が現れます。道標が整備されているので道に迷うこともありません。付近一帯は植木畑で四季の風情と、大阪平野から遠く淡路島まで見晴らせる眺望が魅力。
八尾市史跡の道で、手軽なハイキングコースでもあります。

◆目がくぎ付け?!
 本堂では狩野得水による壮大な龍の天井画に目はります。
江戸中期の板絵が良好な状態でそのまま残されています。
他にも描きびと知らずのふすま絵や、須弥壇裏にあるいろいろな絵入れなど随所に絵ごころが感じられます。

◆史跡の宝庫
 境内地にはふしぎな縁起をもつ水脈、神霊泉が湧き、八尾の豪族の墓碑郡があります。
またこの一帯では古代の古墳が数多く発見されています。境内の東上には開山僧好山和尚の廟搭である清涼搭を中心に歴代和尚の墓が並んでいます。
その開山塚の下に古代の円墳がありますが、これは巨大な石を使って築かれた貴重な遺跡。
横穴石室は中に三十人入れるそうです。すぐに近くに弘法大師作と伝えられる石像観世音菩薩の祀られたお堂があります。

*法蔵寺の催し
秘仏のご本尊聖観世音菩薩ご開帳法要が毎年4月18日にとり行われます。
ほかに参禅会を毎年第1日曜日午前7時より開催。
参禅会はおのおの米一合持参で参加。座禅30分・般若心経・作務(掃除)の後おにぎりをいただく・・・
といった内容で、8時すぎ終了。詳しくはお問い合わせください。
  • 永代供養塔永代供養塔
  • 永代供養墓永代供養墓
  • 永代供養墓(一代墓)永代供養墓(一代墓)

二次元バーコード

法蔵寺2次元バーコード