文字サイズ

キョウタニクリニック

京谷クリニック

地下鉄四つ橋線本町駅の
25番出口より北へ徒歩30秒

お電話はこちら

06-6441-4159

当医院では、睡眠時無呼吸症候群の検査
および治療を中心に睡眠障害に対する医療を
提供すべく、睡眠ポリグラフ検査のため専用の
病室を備えた睡眠医療センタ─を併設し
開業いたしました。
睡眠に関する質の高い医療を目指し、市民の健康に貢献できるよう邁進する所存です。
  • 院長 京谷 京子院長 京谷 京子

詳細情報

診療内容
心療内科
神経科
精神科
睡眠時無呼吸症候群等の睡眠疾患

睡眠時無呼吸症候群とは…?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は睡眠中に何度も呼吸が止まった状態が繰り返される病気です。
症状としていびきや不眠、夜間睡眠中に何度も目が覚める、起床時の頭痛、日中の眠気などの症状があります。

対処法・治療法は?
対処法としてはCPAP(持続的気道内陽圧)療法とマウスピース装着などが主としてあります。

■CPAP療法
CPAP療法とは、鼻マスクを利用して空気を気道に送り込み、風圧によって気道が閉塞するのを防ぐといった方法です。
この療法は即効性(一晩で効果が現れる)で安全性(副作用や痛みを伴わない)が高いといわれています。
効果として
・合併症(高血圧症・狭心症・心筋梗塞など)の予防
・日中の眠気の改善
・いびきの消失
・睡眠の質の向上
などが挙げられます。
※これは対症療法であるため、睡眠時無呼吸症候群の原因がなくならない限りつづける必要があります。
ダイエットで体重が減ったりお酒をやめたりすることでCPAP療法が不要となる方もおられます。
※効果には個人差があります。

夜間の検査について
一晩の睡眠の様子を検査するためにPSG(終夜睡眠ポリグラフィ)検査を行います。
体中に脳波センサーやマイク、心電図、眼球運動、呼吸運動、酸素飽和度、足の動きなどを見るためのセンサーを装着して寝ていただきます。
装着時は痛みも無く、寝返りやベッド上で起き上がるといった行動も取ることができます。
当クリニックでは検査結果は検査日より二週間後以降にお伝えしています。

二次元バーコード

京谷クリニック2次元バーコード