文字サイズ

カブシキガイシャトリイチロウホ

株式会社とり市老舗

特撰京野菜専門店
京の四季折々の味と香りをお伝えいたします。

お電話はこちら

075-231-1508

京・特産品撰専門
春は洛西・塚原産朝掘り竹の子、夏は上賀茂産賀茂なす、
つくね芋、秋は松茸、冬は千枚漬、
すぐきなど特撰・京野菜専門店として、また京漬物の老舗として
京都の四季折々の味と香りをそのままにお伝えしております。

イチオシ情報

◇京漬物 (年中商品)
◇京・洛西一帯の竹の子(春季のみ)
◇秋の味覚。とり市の松茸 (秋季のみ)
◇京・上賀茂 賀茂なす(初夏のみ)
 (上記の商品はお電話にてお問い合せください。)
◇千枚漬・すぐき(冬季のみ)
◇つくね芋
◇松茸・竹の子の佃煮・山椒ちりめん
◇西京味噌漬
 (上記の商品は、お電話・FAXにて承りしております。)

  • 春の味覚の王者 朝掘り竹の子春の味覚の王者 朝掘り竹の子
  • 上賀茂産 賀茂なす上賀茂産 賀茂なす
  • 秋の香覚 とり市の松茸秋の香覚 とり市の松茸

詳細情報

 京の食文化を支えた京野菜
 四季折々のめりはりがきいた気候風土と、手間をおしまぬ高い栽培技術は、
 貴重な食材として優れた野菜を作り出し、京の篤農家によって
 連綿と受け継がれています。


~京の香、四季の味~
京都・洛西 塚原産、物集女産
 朝掘り竹の子
 純白でやわらかく、えぐみがない格別のうまさと珍重されている
 京都・洛西一帯でとれる筍です。


京都・上賀茂産賀茂なす
 大きくて丸く鈍く 紫紺色に輝く賀茂なすは、京の上賀茂にて
 昔から栽培されている京都の夏を彩る京野菜の代表です。
 上賀茂の農家と契約栽培し、採りたてを厳撰してお届けいたしております。


●秋の香覚
 とり市の松茸
 
松茸は生長にともなって若い時期のものから、ころ、椀、そして開きと、
 この様に呼ばれています。頭の小さいころは歯ごたえがいいので、
 土瓶蒸しなどに最適です。松茸ご飯には開きをおすすめします。
 豊かな自然の秋の香りをお楽しみください。


●京都・聖護院かぶら 千枚漬
 千枚漬
 京漬物の代表格、千枚漬は 厳選した丹波産の聖護院かぶらを
 一枚一枚薄くスライスしたものに、北海道産の上質の昆布をぜいたくに使って
 漬け込んでおります。
 昆布のうまみと歯切れのよさ、まったりとしたまろやかな風味は、
 とり市独特の味として受け継がれています。


 (旬の洛味 定番の京漬物) 
赤しそ漬きゅうりしば漬
 独自の製法で漬け込み、酸味があって清々しく歯切れのよいお漬物です。
柚子だいこん
 柚子で香り高く風味豊かに漬け込んださわやかな香り、さっぱりした
 歯切れのよいお漬物です。

昆布だいこん
割大根
白菜昆布漬
山芋(わさび風味)
すぐき・きざみすぐき
山椒たくあん
奈良漬 など


 (詰め合わせ)
山椒ちりめん・柚子ちりめん詰合せ


 (白味噌仕込西京味噌漬)
鰆(さわら)と銀鱈(ぎんだら)を直會撰の自家製白味噌で味と香りを
 大切に漬け込みました。


直會 撰(なおらい せん)◆
 創業100余年 
 京・旬野菜問屋「とり市老舗」の」直営

 四季折々の旬野菜はもちろんのこと、湯葉やお豆腐などの素材は
 「鮮度がいのち」。
 昔ながらのおくどさん(京の土釜)で炊いたご飯も好評です。

 http://www.naoraisen.com/
  • 聖護院かぶら 吟醇 千枚漬 聖護院かぶら 吟醇 千枚漬
  • 京漬物詰合せ京漬物詰合せ
  • 佃煮詰合せ佃煮詰合せ

二次元バーコード

株式会社とり市老舗2次元バーコード